経済観測

各界の専門家による景気診断、経済政策・マーケットの分析、産業ウォッチ。日本経済および世界経済を深く正しく理解し、中長期の市場予測を立てるための材料と手がかりを提供する。

利上げとドル安、米国は矛盾する目標をどう実現? 政治経済

利上げとドル安、米国は矛盾する目標をどう実現?
ドル高容認からドル高是正へ転換する米国の胸の内

政治経済 今後のドル円相場を見る上でのポイントは、「米国が矛盾する政策目標の同時達成を目指し始めたのでは」と思… 2016.5.24
世界市場のリスクシナリオ~中国で高まる路線対立、権力闘争のリスク 政治経済

世界市場のリスクシナリオ~中国で高まる路線対立、権力闘争のリスク
高まる世界株式警戒論、だがその根拠は薄弱

政治経済 世界経済と世界の株式市場の不安定化はひとえに、中国リスクが無視できなくなったことにある。その中国で新… 2016.5.24
地方出身者はキャリア官僚になれないんですか? 政治経済

地方出身者はキャリア官僚になれないんですか?
これは一種の階級格差、日本人は移動できなくなっている

政治経済 このところ日本では格差問題が活発に議論されているが、もし一部地域の人しか、特定の職業に就きにくくなっ… 2016.5.23
PR PR
黒田日銀総裁はヘリコプターマネーをばらまくか? 政治経済

黒田日銀総裁はヘリコプターマネーをばらまくか?

政治経済 最近とみに黒田日銀総裁がヘリコプターマネー政策を開始するのではないかという観測が、特に外国人投資家の… 2016.5.13
本当は人工知能が仕事を増やすという試算 政治経済

本当は人工知能が仕事を増やすという試算
イノベーションがもたらす需要創出、ただし雇用の流動化が必要

政治経済 経済産業省のシナリオでは、ロボットとAIがフル活用されることで潜在成長率が上昇し、成長率の高まりによっ… 2016.5.9
PR 利上げとドル安、米国は矛盾する目標をどう実現?
ドル高容認からドル高是正へ転換する米国の胸の内
[重見 吉徳] 2016.5.24
世界市場のリスクシナリオ~中国で高まる路線対立、権力闘争のリスク
高まる世界株式警戒論、だがその根拠は薄弱
[武者 陵司] 2016.5.24
地方出身者はキャリア官僚になれないんですか?
これは一種の階級格差、日本人は移動できなくなっている
[加谷 珪一] 2016.5.23
PR 黒田日銀総裁はヘリコプターマネーをばらまくか? [黒瀬 浩一] 2016.5.13 本当は人工知能が仕事を増やすという試算
イノベーションがもたらす需要創出、ただし雇用の流動化が必要
[加谷 珪一] 2016.5.9
安倍政権の分配政策がアンチビジネスと受け止められるリスク [黒瀬 浩一] 2016.5.5 PR 伊勢志摩で議題に?本当はやるべきではない財政出動
手詰まりでやむなし、しかし効果は望めない
[加谷 珪一] 2016.4.25
円高を惹起するマンデルフレミングモデルの亡霊 [黒瀬 浩一] 2016.4.22 パナマ文書と中国政治がハードランディングするリスク [黒瀬 浩一] 2016.4.15 PR いつの間にかアジアの「安い国」になっていた日本
米国の最低賃金が15ドルに!なぜ日本では賃金が上がらないのか
[加谷 珪一] 2016.4.11
ドル高局面は終盤、じわじわとドルが売られる理由
「低金利の継続」と「リスクマネーの再来」が促すドルのじり安
[重見 吉徳] 2016.3.29
ヨーカドーが消えていく─日本の流通業界に何が?
チェーンストアはもはや日本では成立しないのか
[加谷 珪一] 2016.3.28
中国、石油がリスクオフムードを転換させる時が来た
G20で中国危機封じ込めが見えてきた、人民元維持、資本規制、財政拡大が鍵に
[武者 陵司] 2016.3.1
しゃれにならない深刻さ、日本の消費が危ない
日本の家計はすでにギリギリの状況
[加谷 珪一] 2016.2.29
マイナス金利の導入で株式市場に何が起きるのか
「債券の株式化」が進みバリュエーションが上昇
[重見 吉徳] 2016.2.22
地方の現実は?「アベノミクスで雇用が改善」
参院選前に地域の雇用を点検してみると・・・トリクルダウンは道半ば
[遠藤 業鏡] 2016.2.17
鍵は中国「毒」の伝染遮断、資本規制だ
世界株安底入れのかすかな曙光が見え始めた
[武者 陵司] 2016.1.30
運用難が続く中、個人投資家はどうすればいい?
2016年も「低利回り・高ボラティリティ」、為替ヘッジがカギに
[重見 吉徳] 2016.1.25
中国経済のフリーランチ、終わりの始まり
世界連鎖株安は中国の市場封鎖で下げ止まる
[武者 陵司] 2016.1.9
一見好調のニッポン株式会社がこのままでは沈む理由
持続的に成長するための2つの課題とは
[加谷 珪一] 2016.1.4
次へ