中国人民解放軍の戦闘用水陸両用ドローン「ウミイグアナ」(写真:武昌船舶重工集団)

(北村 淳:軍事アナリスト)

 中国海軍に、世界初となる戦闘用の水陸両用ドローン(無人機)が納入された。中国船舶重工集団の子会社である武昌船舶重工集団が開発した無人水陸両用艇(無人水陸両用車ともみなせる)で、「海鬣蜥(ウミイグアナ)」と命名された。

2~3年以内に正式に戦力化か

 水陸両用ドローン「ウミイグアナ」はステルス性能を高めたトライマラン(三胴船)である。全長は12メートル。海上での最高航走速度は、ウォータージェット推進により50ノットとされている。海岸に上陸すると、左右の胴体内に格納されていたそれぞれ2組、合計4組のキャタピラが姿を現し、最高時速20キロメートルで陸上を走行する。プロトタイプに装着されているキャタピラ装置を大型化すれば、地上走行スピードを高速化させることが可能とされている。

 ウミイグアナは、多くの軍事用ドローンと同じく衛星(中国固有の銀河システム)を利用して遠隔操作で機動する。電子工学センサーとレーダー類が装着されており、自律的に障害物をかわしながらプログラミングされた目標に到達することができる。戦闘用ドローンである海イグアナには、2挺の機関銃のほかにミサイル垂直発射装置も装備されており、対艦ミサイルならびに対空ミサイルを発射することができる。

 現時点では、ウミイグアナはいまだに正式に実戦配備はされておらず、プロトタイプを試験運用しながら、実戦に耐えうる戦闘用水陸両用ドローンを完成させていくものと思われる。ただし、これまでの中国海軍艦艇などの誕生速度から類推すると、おそらく2~3年以内に中国海軍陸戦隊がウミイグアナを正式に戦力化することは確実と考えることができる。

強襲上陸作戦の救世主

 対艦・対舟艇・対戦車ミサイルシステムなどが発達した現在、沖合の揚陸艦などから上陸部隊を発進させて、近代装備で身を固めた敵が待ち構えている海岸線に上陸させるタイプの水陸両用作戦(いわゆる強襲上陸作戦)は、実施が極めて困難とされている。