特集 新都市宣言

京都で実現するか?日本初の「ロードプライシング」

深刻な交通渋滞に市民と観光客が悲鳴

2011.02.16(Wed) 鶴岡 弘之

エネルギー戦略

upperline

世界的な観光都市、京都が抱える大きな問題がある。それは交通渋滞だ。

 2月2日、日本IBMと京都市は、京都市内のホテルでフォーラム「Smarter Cities─京都」を開催した。産学官が一体となって、京都市のこれからの交通戦略のあり方を探ろうというものだ(以下、引用した発言はすべてフォーラムにおけるもの)。

電車に乗るとたった16分、車だと1時間以上!

 フォーラムの中で、京都出身のオリンピックメダリストで、スポーツコメンテーター、「歩くまち・京都推進会議」委員の奥野史子氏は、次のように語った。

 「京都には国内外からたくさんの観光客に来ていただいて、ありがたいことだな、京都って本当にいい都市なんだなと、いつも実感しています。でも、住んでいる者からすると、観光シーズンの渋滞が我々の生活にもたらす弊害は大変なものがあります。その解消は、京都の交通戦略の大きな課題なのではないかと思います」

京都市の環境戦略について講演した門川京都市長

 京都市副市長の由木文彦氏によれば、「観光シーズンに京都駅から嵐山まで車で行くと、たどり着くのに1時間以上かかります。電車に乗ったら、たったの16分」だそうだ。

 こうした状況の中、京都市は、低炭素都市の実現に向けて市内の交通環境を改善すべく「歩くまち・京都」憲章を制定。歩くことを中心としたまちへの転換を図ろうとしている。「簡単に言うと、車ではなく、鉄道とバスをもっと使おうということ」(由木副市長)である。

 京都市長の門川大作氏は、歩くことのメリットを次のように語る。

1
nextpage

このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 新都市宣言



facebook Comments

関連キーワード検索


underline
昨日のランキング
直近1時間のランキング

当社は、2010年1月に日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報について適切な取り扱いがおこなわれている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得いたしました。

プライバシーマーク