経営のためのIT活用実学

ユーザー企業は全力で「テスト」に取り組むべし

2010.12.06(月)  乘浜 誠二

以前、掲載したコラム「意外と多いシステム開発の訴訟事件」の内容について、私の尊敬する「スーパー」プロジェクトマネジャーから指摘があった。

 私が以下の図で示した「システム開発時の責任度合」は、テスト工程でのユーザー企業の責任が抜けているのではないかという。

 確かにその通りで、「テスト・納品」の部分の責任度合いは正しいとは言えない。テスト工程の責任度合いを正しく示すと、以下のような図になる。

テストデータは発注側が用意すべき

 テスト工程は、システム構築の最終段階としてプログラムを実際に走らせてみて、システムが正常に稼働するかどうかを確認する工程である。

 テストは「単体テスト」→「結合テスト」&…

<<好評発売中!>>
【JBpress新書シリーズ発刊!】
第一弾は「若者よ、外資系はいいぞ」
~四十代年収四千万になる人生設計術:祖父江 基史氏・著<

楽天SocialNewsに投稿!
このエントリーをはてなブックマークに追加

IT化 一覧ページへ

媒体最新記事一覧