中国人旅行客に大人気の京都の伏見稲荷大社

「信じられないかもしれませんが、中国人は日本に行ったら日本人に殴られると本気で信じてるんですよ」

 数年前、筆者が観光庁関係者に中国人の訪日旅行状況について取材を行った際、担当者はおもむろにこう切り出しました。

日本は「危険地帯」?

 日本人が路上でいきなり中国人に殴りかかるなんてことは、もちろん普通はあり得ません。一体なぜなのかと詳しく話を聞いてみたところ、どうも中国で報じられる日本のニュースが偏っているため、日本人が普段から中国人を敵視していて、路上で中国人を見つけようものなら襲いかかってくると多くの人が誤解しているとのことでした。

 確かに日本でも、中国関連のニュースは過激な日本批判や反日デモの映像などが目立つため、中国を訪れたことのない日本人からすると、中国は日本人にとって非常に危険な場所だと信じ込んでいる面があります。

 実際に、筆者が初めて中国で勤務する前、従姉弟から「あんた中国行ったら殴られるんちゃうん?」と言われました。その従姉弟も「日本人は中国に行ったら殴られる」と誤解していたのです。

 もっとも、中国の工場で、筆者が問題行動を繰り返す中国人スタッフを注意した際、逆上したそのスタッフにスチール棒で殴られ、顔面から出血したこともあるので、従姉弟の言っていたことはあながち間違ってはいませんでしたが・・・。