経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」から選りすぐりの記事をお届けします。

高級ハンバーガーブームの火付け役

 長年マクドナルドがトップに君臨してきた日本のハンバーガー業界。しかし海外の人気チェーンの参入や、国内既存チェーンの攻勢などによって、2016年はハンバーガー業界に新しい風が吹くことが予測されている。

 米国のレストラン情報誌「Zagat NYC」で「最も人気のあるニューヨークのレストラン」に選出された米ハンバーガーチェーン『シェイクシャック』が、昨年11月、日本初上陸を果たした。

 同店は2004年にニューヨークで誕生した新興チェーンで、健康志向かつ本格的な味を売りにしたグルメバーガーが人気を博している。現在世界9カ国で78店舗を展開。10カ国目として日本に進出した。明治神宮外苑に立地する店舗は、メディア等で大々的に取り上げられ、連日長蛇の列ができる人気ぶりである。

 ホルモン剤を与えないアンガス牛を使うなど食材に徹底的にこだわり、レタス、トマト、ピクルス、オニオンはお好みでチョイスできる。価格帯は、税込みで700~1300円程度。 

 日本での運営は、衣料品や飲食店を展開するサザビーリーグが担う。同社はこれまでも『アフタヌーンティー』、『アニエスベー』、『スターバックス』等でブームを巻き起こしてきた、いわば流行の仕掛け人だ。今回もこの『シェイクシャック』により、日本における高級ハンバーガーブームの火付け役となった。

 実際、他の米国のハンバーガーチェーンも続々と日本進出を図り、さらに『シェイクシャック』に対抗するかのように、国内の既存チェーンも高級ハンバーガーへと路線をシフトし始めている。