本当は血圧の上昇を抑える味噌

味噌は体に良いのか悪いのか?(後篇)

2015.11.20(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要

 日本人が少なくとも7世紀から接してきた「味噌」は、体に良いのか悪いのか。そんな視点から、前後篇で味噌の歴史と科学を追っている。

前篇では、味噌の歴史を見てきた。「医者に金を払うよりも、味噌屋に払え」といったことわざや、薬学の知識をまとめた本草書の「一日もなくてはならない」といった記述から、日本人がいかに味噌に健康を期待してきたかがうかがえる。

 ところが現代になり、日本人の“味噌観”は大きく変わってしまった。

「塩分が多い。塩分は高血圧を招く。だから味噌の摂り過ぎはよくない」といった考えが根づくようになり、味噌が避けられる傾向がある。食の西洋化など他の要因もあるだろうが、日本人1人あたりの味噌消費量は1970年代から半減しているのだ。

 しかし、もし味噌が体に悪いのだとすれば、どうしてこれほど長らく日本人は味噌を愛してきたのだろうか。多くのことわざや本草書の記述は、単なる誤解だったのだろうか。

 そこで今回の後篇では、「味噌は体に良いのか悪いのか」という疑問に、現代の眼差しからの答えを求めることにした。食塩と高血圧の関係性などを研究する、共立女子大学家政学部教授の上原誉志夫氏を訪れた。

 上原氏はここ数年、「味噌汁の摂取が血管状態や血圧にどう影響するのか」について、注目の研究成果を上げ続けている。

血圧が高くなるデータはあるのか?

 日本人の1日の塩分摂取量が10グラム以上という中で、2004年に日本高血圧学会は塩分摂取量の推奨値を「1日6グラム未満」とした。

「長らく、私は食塩が体に悪いという視点で研究してきました。味噌汁にもたしかに食塩が入っています。けれども、血圧が高くなるというデータはないのではないかと目を付けて、実証しようとしたのです」

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。