中国と共倒れの道を歩むサウジアラビア

原油安の継続で経済が窮迫、このままで政変も

2015.11.14(土) 藤 和彦
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45256
  • 著者プロフィール&コラム概要

イエメンで「国境なき医師団」病院空爆、国連総長が連合軍非難

イエメンの首都サヌアで、サウジアラビア主導の連合軍に空爆された食料倉庫のがれきの中に立つ男性(2015年10月26日撮影、資料写真)。(c)AFP/MOHAMMED HUWAIS〔AFPBB News

 国際エネルギー機関(IEA)は11月10日発表した「2015年版世界エネルギー見通し」の中で、「現在1バレル=40ドル台の原油価格の回復ペースは緩やかで、80ドル程度に達するのは2020年になる」と予測した。

 2020年頃には米国のシェールオイル生産が日量約500万バレルをピークに達するなど、非OPEC諸国の原油生産が同約5500万バレルで頭打ちとなり、石油の需給が再びバランスするというのがその理由だ。つまり、原油の供給過剰は2020年まで続くという展望である。

 IEAは低油価が続いている原因の1つとして、価格維持より市場シェアの確保を優先するOPECの戦略を挙げている。確かに今年後半に入り世界の原油生産に占めるOPECのシェアが高まりつつある(11月9日付日本経済新聞)。9月時点でOPECのシェアは4月に比べて0.5ポイント上昇して約40%となった。一方、米国のシェアは0.5ポイント低下して11.5%となった。

 米国はシェールオイルの増産で2011年以降原油の輸入を削減してきたが、第3四半期の原油輸入量は日量平均約750万バレルと前期比約30万バレル増加した。これは、OPEC加盟国であるナイジェリアとアルジェリアの輸出攻勢の成果である。イラクも11月に入り米国への原油輸出を加速させている(11月12日付ブルームバーグ)。

 米国では国内の精製設備の稼働率の上昇による取り崩し分を上回るペースで輸入が増加しているため、原油在庫の増加が止まらない。10月末時点の米国の原油在庫は4.8億バレルを超え歴史的高い水準となっている。OPECも世界的な石油生産の増加により原油在庫が少なくとも10年ぶりの高水準に達したことを認めた。原油価格はOPECの増産傾向を警戒してブレント価格の下落が顕著になっている(11月12日時点で1バレル=45ドル台)。

 ゴールドマン・サックスは「来年にかけて貯蔵能力が不足すれば、原油価格は1バレル=20ドル近くまで下げ余地がある」と懸念している(11月6日付日本経済新聞)。

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS

 

経済産業研究所上席研究員。1960年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒。通商産業省(現・経済産業省)入省後、エネルギー・通商・中小企業振興政策など各分野に携わる。2003年に内閣官房に出向(エコノミック・インテリジェンス担当)。2016年から現職。著書に『日露エネルギー同盟』『シェール革命の正体 ロシアの天然ガスが日本を救う』ほか多数。

オリジナル海外コラム

米国、欧州、中国、ロシア、中東など世界の政治経済情勢をリアルに、そして深く伝えるJBpressでしか読めないオリジナルコラム。

>>最新記事一覧へ