「知り合い自給率100%」ならば騙されない

味の社会学(第3回)

2013.11.20(Wed) 菅 慎太郎
筆者プロフィール&コラム概要

「産地」や「農法」は「おいしさ」の証しか?

 1990年代前後のグルメブームに端を発し、農産物、畜産物の「産地」や「品種」はおいしい食材の「証し」として浸透してきました。

 お米ならば、「魚沼産コシヒカリ」がお米のトップランナーとしての地位を確立しています。肉なら「松阪牛」。大分で水揚げされる「関サバ関アジ」なども全国区の「ブランド」として浸透しています。

 これらの「名称=おいしさ」という図式が、売り場にあふれる大量の食品の中から効率よくおいしい食材を選び出す「おいしさの証し」として機能してきたことは間違いありません。

 しかしお米の世界でも、北海道産の「ゆめぴりか」や熊本県の「森のくまさん」など新しい対抗馬が出現しており、「魚沼産コシヒカリ」がいつまでもトップに君臨できるか危うい状況にもなりつつあります。

変わる「仕入れ価格」、変わらない「販売価格」

 私たちが食べる「食品」の価格のあらゆるものが「時価」と表示されていたら、一体どんな印象を持つでしょうか?

 下のグラフは、2011(平成23)年の東京都中央卸売市場の月別野菜の価格(円/キログラム)について、いくつかグラフ化したものです。

東京都中央卸売市場の月別野菜の価格
出典:農林水産省
注:東京都中央卸売市場計は、東京都において開設されている中央卸売市場(築地、大田、北足立、葛西、豊島、淀橋、世田谷、板橋及び多摩)の計である。
この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

株式会社味香り戦略研究所 味覚参謀、口福ラボ代表
1977年埼玉県生まれ。味覚コンサルタント&コピーライター。「おいしさ」の表現を企画する口福ラボを主宰し、味香り戦略研究所では「味覚参謀(フェロー)」としてマーケット分析、商品開発を手がける。キッズデザインパーク講師。日本味育協会認定講師。渋谷珍味研究会顧問。鹿児島市新産業連携創出WGアドバイザー。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。