Digital Experience! TOP>JBpress>マーケティング道場

ネット上の有益な動画コンテンツを仕事に生かそう

動画の活用次第でビジネスに変化が起きる

2013.11.07(木) 本間 充
    http://goo.gl/mR5Obf
1
nextpage

 私はこの原稿を、パリ、ロンドン、ニューヨークへの旅の途中で書いている。海外に出て思うことの一つに、日本のネットワークの回線の速さ、繋がりやすさがある。

 日本にいると、回線が高速なことはあまり実感しないかもしれないが、海外では、グーグルマップを見たり、フェイスブックに写真を投稿するのにイライラすることがある。また、Foursquare(フォースクエア)も人が多くいる場所では、回線の混雑のせいか、なかなかチェックインできないといったこともよく経験する。

 日本は、非常にネットワークの環境が良いのである。よって、大きなストレスなく動画視聴もできる。

 今、広告の技術の進化、動画の配信事業者や新たな動画提供プラットフォームの戦略もあり、動画がインターネットの広告の領域では注目のテーマになっている。事実、米国でも「Netflixの利用者が4000万人を突破: 米国でインターネット動画配信が急拡大している理由とは?」の記事のように、動画配信が拡大している。

 動画には大きなチャンスがある。例えば、スマートフォンやタブレット端末では、小さな文字よりも動画で理解したい人も多いだろう。そのような状況を踏まえ、今回は動画を配信する側のことではなく、受け手側のビジネスパーソンにも動画が有益なことを、私の経験も含めて紹介したい。

TEDトークをYouTubeで見てみよう

TEDのキュレーター、クリス・アンダーソン(ウィキペディアより)

 TEDトークというカンファレンスをご存じの方も多いと思う。自分のアイデアや経験を話すカンファレンスで、その内容は実に多岐にわたる。そして、そのプレゼンテーションは厳選されたものばかりで、いろいろと刺激を与えられたり、考えさせられることが多い。

 NHK Eテレの「スーパープレゼンテーション」でTEDトークが取り上げられているので、視聴された方もいるだろう。内容に興味のある人はもちろん、英語の勉強をしたい人、プレゼンテーションの勉強をしたい人にも非常に参考になると思う。

 例えば、アドテック東京2013でキーノートスピーカーを務めたツイッター社のチーフ メディア サイエンティスト、デブ・ロイ(Dev Roy)氏のTEDトークにおけるプレゼンテーションも、「Deb Roy: The birth of a word」というタイトルで、YouTube上に公開されている。

 アドテック東京2013で話された内容の基本部分は、この動画で説明されているアイデアから来ているものなので、キーノートを聞かれなかった人にも参考になるだろう。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

 

本間 充 Mitsuru Honma

 

1992年、花王に入社。1996年まで、研究所に勤務。研究所では、UNIXマシーンや、スーパー・コンピューターを使って、数値シミュレーションなどを行う。研究の傍ら、Webサーバーに遭遇し、花王社内での最初のWebサーバーを立ち上げる。1997年から研究所を離れ、本格的にWebを業務として取り組み、1999年にWeb専業の部署を設立した。花王のWebを活用したマーケティングに取り組み続け、現在は、デジタルコミュニケーションセンター 企画室長を務めている。新しいWebのコミュニケーションの検討・提案や、海外花王グループ会社のWeb活用の支援、またB2B領域のサイトの企画まで、広く花王グループのWebのコミュニケーションに関わっている。Ad Tech Tokyo 2009, Ad Tech Singapore 2010等でも講演。

社外においては、公益社団法人・日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会の代表幹事を、2011年から務めている。
北海道大学卒業、数学修士。日本数学会員オープン・モバイル・コンソーシアム メンバー

マーケティング道場

現在のマーケティングの課題、デジタルマーケティングの最新手法、マーケティング投資の考え方とは? 確実に顧客に届き、アクションを促す新しいマーケティングのあり方を探る。

>>最新記事一覧へ