サムスンのスマホ出荷台数が驚異的な伸び

ノキアがついにトップ5から後退

2012.10.30(火) 小久保 重信
    http://goo.gl/FFLzb
1
nextpage

米IDCがまとめた最新の調査で、韓国サムスン電子のスマートフォン出荷台数が過去最高を更新したことが分かった。同社の今年7~9月期の出荷台数は1年前から2倍(100.4%増)の5630万台となり、市場シェアは31%に達した。

サムスン電子、小型スマホ「ギャラクシーS3ミニ」を発表

サムスンの新スマートフォン「ギャラクシーS3ミニ(Galaxy S III Mini)」〔AFPBB News

 この四半期ベースの出荷台数は同社、業界史上ともに最高値。また31%という市場シェアは2009年の10~12月期以降で最大。

 サムスンは今年6月に旗艦モデル「ギャラクシー(Galaxy)S III」を発売しており、7~9月期はこの製品の出荷台数が四半期全体を通して反映された。

 また同社は中価格帯の端末を数多く発表しており、その幅広い品揃えが成長を後押ししているという。

 そしてサムスンに次いで出荷台数が多かったのは米アップル。アップルは2690万台の「アイフォーン(iPhone)」を出荷し、台数を1年前から57.3%増やした。市場シェアも1年前の13.8%から15%に拡大した。

サムスン、3四半期連続で業界トップ

 とはいってもサムスンの出荷台数はアップルの2倍以上という驚異的なものだ。サムスンとアップルは昨年まで抜きつ抜かれつという関係だった。

 しかし今年1~3月期にアップルの3510万台をサムスンが4220万台で抜いた後、4~6月期はアップルの2600万台に対し、サムスンは5000万台の大台を突破。そしてこの7~9月期、サムスンは3四半期連続でトップになったというわけだ。

 ただし、アップルにとってもこの先望みがないわけではない。

 同社は7~9月期に新モデル「アイフォーン5」を市場投入したが、発売日が9月21日だったため、これが反映されたのはわずか1週間ほど。にもかかわらずアイフォーン5は最初の週末で500万台以上を売り上げており、同四半期の出荷台数増に寄与した。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

ニューズフロント社長。1961年生まれ。翻訳者、同時通訳者を経て、1998年から日経BP社のウエブサイトでIT関連の記事を執筆し始めた。 2000年にニューズフロントを設立。英語力の豊かなIT専門記者を育成すると同時に、独自に海外ニュースの速報事業を展開している。2003年に国内ニュースの配信にも進出した。

IT最前線

刻一刻と変化するITの世界。米国だけでなく世界中で起きている最新の情報を海外の有力メディアからピックアップし、この世界に詳しい筆者が鋭い分析を加えてお送りする。

>>最新記事一覧へ