iPadのシェア、過去最高水準の68%に

Android端末の29%を大きく引き離す

2012.07.27(金) 小久保 重信
    http://goo.gl/my2s5
1
nextpage

米ストラテジー・アナリティックスが25日に公表した世界のタブレット端末市場に関する調査によると、米アップルの「アイパッド(iPad)」の市場支配は依然として続いており、その勢いは一向にとどまるところを知らないようだ。

iPadは1700万台、Androidは730万台

新型iPad、虚偽広告の疑いで返品受け付けへ オーストラリア

ニューヨークのアップルストアでアイパッドを購入する人〔AFPBB News

 同社がまとめた最新の調査では、今年4~6月期のアイパッドの出荷台数は1700万台となり、これは1年前から82%多い。

 市場シェアも68%で、1年前の62%から拡大した。アイパッドのシェアは2010年7~9月期以来、最高水準に達したという。

 これに対し、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド(Android)」を採用するタブレット端末は、競合メーカー各社の合計で730万台。アンドロイドタブレットも1年前の440万台から65%増と、高い伸びを示しているものの、シェアは前年と同じ29%にとどまっている。

 アンドロイドタブレットのメーカーには、米アマゾン・ドットコム、韓国サムスン電子のほか、台湾のエイサーやアスーステックなどあるが、ストラテジー・アナリティックスによると、これらはいずれもまだアップルの市場支配を揺るがすまでには至っていないという。

 同社は、「見栄えのしないハードウエアデザイン、携帯電話通信対応モデルの少なさ、タブレットに特化したサービスの少なさが原因」と指摘している。

アイパッド、2年で4倍以上の規模に

 アップルがアイパッドの初代機を発売したのは2010年の4月。アップルの資料によれば同年4~6月期の販売台数はわずか327万台で、その次の7~9月期でもまだ418万台といった程度だった。発売からわずか2年でアイパッドはその4倍以上を売り上げるまでに成長したということになる。

 ただ、ここ最近はアップルの独占を許すまいと、ライバル各社が自社ブランド製品の展開を進めており、今後、市場勢力図に何らかの変化が起きそうだ。例えばグーグルが先頃「ネクサス(Nexus)7」を発売しており、その廉価モデルは既に初回出荷分を売り切ったと報告されている。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

ニューズフロント社長。1961年生まれ。翻訳者、同時通訳者を経て、1998年から日経BP社のウエブサイトでIT関連の記事を執筆し始めた。 2000年にニューズフロントを設立。英語力の豊かなIT専門記者を育成すると同時に、独自に海外ニュースの速報事業を展開している。2003年に国内ニュースの配信にも進出した。

IT最前線

刻一刻と変化するITの世界。米国だけでなく世界中で起きている最新の情報を海外の有力メディアからピックアップし、この世界に詳しい筆者が鋭い分析を加えてお送りする。

>>最新記事一覧へ