米国のネット広告、ケーブルTVを抜き第2位の媒体に

昨年の売上高は過去最高の317億ドル

2012.04.20(金) 小久保 重信
    http://goo.gl/ZHaBg
1
nextpage

米国のインターネット広告業界団体インタラクティブ・アドバタイジング・ビューロー(IAB)と米プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が18日までにまとめた市場調査(PDF書類)によると、昨年1年間(2011年)の同国におけるインターネット広告の売上高は317億4000万ドルとなり、ネットはついにケーブルテレビを上回り、テレビ(全国・地方放送)に次ぐ第2位の広告媒体になった。

第4四半期も過去最高を更新

ネット広告費が初めて新聞広告費を上回る見通し、米国

ついにケーブルTVを抜き、テレビ(全国・地方放送)に次ぐ第2位の広告媒体になった〔AFPBB News

 317億4000万ドルという金額はその前の年に比べて21.9%増というもので、過去最高額だ。

 また昨年第4四半期(10~12月期)の売上高も1年前の同じ時期から20.4%増の89億7000万ドルとなっており、こちらも過去最高を更新した。

 10年前にはまだ60億ドルという規模だった米国のインターネット広告はその後順調に伸び続け、2007年にはラジオ広告を追い抜いている。一方でかつて第1位の媒体だった新聞は急速に落ち込み、2010年にネットに抜かれた。

 ケーブルテレビもこれまで堅調に推移していたが、この数年でネットの勢いが増し、ついに追い抜かれたというわけだ。またテレビ広告は依然トップではあるが、5~6年前から緩やかに低下しており、今後このパターンで推移すればやがて2位に転落しそうだ。

依然、検索広告がトップ

 昨年の米広告市場の金額を具体的に見ると、テレビ広告が385億ドルで最大。ネット広告の317億ドルはこれに次ぐ規模で、この後、ケーブルテレビ(300億ドル)、新聞(207億ドル)、雑誌(180億ドル)、ラジオ(152億ドル)と続いた。

 一方、昨年の売上高を広告の形態別に見てみると、依然として最も売り上げ規模が大きいのは米グーグルが市場を支配している「検索広告」で、その金額は148億ドル。検索広告の市場全体に占める割合は46.5%とほぼ半分に上っている。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

ニューズフロント社長。1961年生まれ。翻訳者、同時通訳者を経て、1998年から日経BP社のウエブサイトでIT関連の記事を執筆し始めた。 2000年にニューズフロントを設立。英語力の豊かなIT専門記者を育成すると同時に、独自に海外ニュースの速報事業を展開している。2003年に国内ニュースの配信にも進出した。

IT最前線

刻一刻と変化するITの世界。米国だけでなく世界中で起きている最新の情報を海外の有力メディアからピックアップし、この世界に詳しい筆者が鋭い分析を加えてお送りする。

>>最新記事一覧へ