ウオッチング・メディア

略奪されたコンビニの暴力的な現実突入!この目で見てきた原発20キロ圏内(後篇)

2011.09.29(木)  烏賀陽 弘道

前篇はこちら

南相馬市小高をすぎて、国道6号を南に向かっている時だった。運転席のジローくん(仮名)が左側を指差した。

 「ほら、あれ、略奪されたコンビニ」

一見するとどこにでもある普通のコンビニだが・・・。

 え? ぼくは戸惑った。被災地では略奪はなかったことになっているのでは?

 「ATMが壊されて金が盗まれたらしいス」

 広い駐車場にワンボックスカーを入れた。今度も手短にお願いします。国道はパトカーが多いですから。ジローくんはそう言って、また「見張り役」を引き受けてくれた。

 セブン-イレブンに歩み寄る。向かって左側の側面のガラス壁が割られていた。人がくぐれるくらいの穴があいている。

破壊されたATM、中身がぶちまけられた商品

 頭を中に入れたとたん、何か邪悪な空気が気道に流れ込んできて、胃からすっぱい塊が上がってきた。それは肉や野菜が腐った匂いだった。

 私は中で何が起きているか、察知した。コンビニが1軒まるごと腐っているのだ。

破壊されていたATM

 こういう匂いは殺人事件の取材で経験があった。私はマスクの上から頭にかぶっていた手ぬぐいを巻き、後ろで縛った。そして深呼吸して、鼻から息を吸わないようにして、中に入った。

 真っ先に目に飛び込んできたのは、破壊されたATMだった。パネル画面の下の引き出しのような部分(こんな部分が隠れているとは知らなかった)が前に出ている。何か巨大なニッパーでねじ切られたかのように、金属部分がちぎれていた。紙幣か何かを収容していたらしい。空っぽだった。

 息が荒くなった。こらえても邪悪な空気が鼻に入ってくるのだ。

 そして暑い。カメラを握る指先が汗でぬるぬるした。

 床が見えないくらい商品が散乱していた。いや、もう商品ではなかった。スナック菓子の袋が引き裂かれ、カップ麺の容器はちぎれて中身がぶちまけられている。

 レジ横に、カップ麺用なのか白い電気ポットがあった。その周辺に、ブルーベリージャムが点々と落ちている。

 なぜここにジャムが?

 よく見ると、それは鳥のフンだった。動物らしい泥の足…
Premium Information
楽天SocialNewsに投稿!
このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

Comment

アクセスランキング
プライバシーマーク

当社は、2010年1月に日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報について適切な取り扱いがおこなわれている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得いたしました。

Back To Top