コロナ対策としてテレワークの推進が進み、従業員教育・育成にオンライン研修を導入している企業も増えている。

 これまで同様の集合型(リアル型)の研修の在り方も模索する会社もある中、リアル・オンラインそれぞれの研修の強みと可能性について、日本能率協会コンサルティング(JMAC)シニア・コンサルタントの渡邉聡が新規事業・組織開発・人材育成などのワークショップデザインを行う、PLAYWORKS代表のタキザワケイタ氏に話を聞いた。

コンサルタント 渡邉聡(わたなべ さとし)

株式会社日本能率協会コンサルティング
経営コンサルティング事業本部 CX・EXデザインセンター 
シニア・コンサルタント

サービス産業を中心に、CS経営推進、サービスデザイン、新サービス開発、サービス生産性向上、業務改善、顧客対応力強化といったテーマで20年以上のコンサルティング経験を有する。著書に「サービス産業におけるサービス品質向上」など

PLAYWORKS Inc. 代表 タキザワケイタ氏

インクルーシブデザイナー・ワークショップデザイナー
新規事業・組織開発・人材育成など、企業が抱えるさまざまな問題を解決へと導きます。また 一般社団法人PLAYERS にて、新感覚ダイアログワークショップ「視覚障害者からの問いかけ」や、テクノロジーで点字ブロックをアップデート「VIBLO by &HAND」、顔が見える筆談アプリ「WriteWith」の社会実装など、社会課題の解決に取り組んでいる。
https://keitatakizawa.themedia.jp