IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2019.03.13

「パーパス」が企業ブランド刷新の切り札となる理由
IoT時代、<ブランドの意思の重要性>が変わる

BY

「パーパス」の特集号となった2019年3月号の『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー』(左)と「パーパス」につながるブランド理念の考え方を示した元P&G GMOのジム・ステンゲル氏の著書『GROW 本当のブランド理念について語ろう』(2013年、阪急コミュニケーションズ)。

「今回のブランド刷新(価値再構築)では、ESGやSDGsなどソーシャルの要素を強く意識した形でお願いできませんか」

 企業のブランド刷新や「なりわい」変革のコンサルタントである著者が、経営層や経営企画部門の幹部の方々から最初のミーティングで言われるフレーズである。

 さらに2019年に入ってからはESGやSDGsに加え、「パーパス(PURPOSE:以下パーパス)」というキーワードが飛び交う頻度が急速に増えているようになったと感じていた。

 そうこうしているうちに、2019年3月号の『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー』(ダイヤモンド社)が「パーパス」の特集号になっているのに気づいた。

「パーパス」は企業が自らのブランディングやブランド基軸でのビジネス展開を考える上で、間違いなく「旬のテーマ」になりつつあるようだ。

 ブランドには企業の利益創出だけでなく、広く社会に貢献する「パーパス」(存在理由)が求められる。つまり、優れた「パーパス」は企業がビジネスを遂行する上でのガイドラインとなるだけでなく、企業で働く従業員のモチベーションと結束を高め、ひいてはお客さまからも持続的な信頼・期待と強固な支持を獲得することで企業に継続的な利益をもたらすという図式だ。

 それでは、今、なぜ「パーパス」が企業のブランド刷新の切り札として「再び」脚光を浴びるようになったのか。

 今回の連載では『IoT Today』らしく、データ時代における企業間の競争ルールのゲームチェンジという観点に限定フォーカスして、その理由を追いかけてみたい。

デファクト・スタンダードからデジュール・スタンダードへ

 以下のスライドは、CES 2019の主催者CTAがメディア向けに配布した説明会用資料(CTAマーケットリサーチ部門スティーブ・コーニングによる)である。

CES 2019の主催者CTAによるプレス向け資料。
拡大画像表示
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDI、ドローンを使った鉄塔点検やインフラ監視サービスを提供
シチズンが考える光発電スマートウオッチ『Eco-Drive Riiiver』(8/31まで)
KDDI、人口の動態データを提供へ、スマホの位置情報を利用
X Infinity、IoTとモバイルアプリでコインパーキングの価値転換を図る「ParkX」を発表——駐車は管理される時代から、感謝・評価する時代へ
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第16回)周波数利用効率が高く、微弱な信号で通信可能な「Weightless-P」【ネット新技術】
UQ mobile、家庭向けのIoTサービス「UQ×with HOME」を開始
KDDI、ヒトやモノの現在位置・移動経路を見える化する「KDDI IoTクラウド ~Pocket GPS~」
富士フイルムと日本マイクロソフト、医療現場支援の実現に向けた協業を開始
416億台のIoTデバイスが「約80ZB」のデータを生成、IDCが2025年を予測
スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い
IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破
「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も
中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方
これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供
IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。