IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.24

深刻化するIoTセキュリティ。人材不足を越える策
脆弱なIoTデバイスを狙い急増するサイバー攻撃にどう備える?

BY

なぜ、IoTデバイスが狙われるのか

2017年10月、総務省が「IoTセキュリティ総合対策」を公表した。あらゆるものがネットワークにつながるIoT/AI時代の到来に際し、取り組むべき課題を整理したものだという。公表の背景には、近年深刻化するサイバー攻撃の脅威がある。

史上最大規模のDDoS攻撃(※1)として2016年に世界を騒然とさせたマルウェア「Mirai」。IoTデバイスであるネットワークカメラに感染し、アメリカのネット企業を中心に大きな被害を与えた。

また、2017年5月にはパソコンの身代金を要求してくる「WannaCry」というランサムウェアが世界中に蔓延。パソコンだけでなく、デジタルサイネージなどの端末にも感染が確認され、サイバー攻撃の恐ろしさを一般にも知らしめる事態となった。

MiraiやWannaCryの事例を通じて見えてくるのが、IoTデバイスのセキュリティ脆弱性だ。

今やネットに常時接続することが当たり前の世の中となり、パソコンにおいてはセキュリティ対策は必須のものとして認知されている。

しかし、パソコンとは異なりキーボードやディスプレイなどを備えないものが多く、入力インタフェースが貧弱なIoTデバイスでは、セキュリティ対策も十分に行なわれない場合が多い。特に、ネットワークカメラなどは脅威が少ないと考えられ、パスワードも初期値のまま運営されていることが多いようだ。

先に述べたMiraiなどのマルウェアは、こうしたIoTデバイスの脆弱性を狙ったものと言えるだろう(WannaCryはパソコンを狙ったものがたまたま脆弱なIoTデバイスにも感染した事例だと思われる)。

また、直近でも新たなセキュリティリスクが表面化した。2017年10月16日、無線LANで使われる「WPA2」というプロトコルに脆弱性が見つかったのだ。この脆弱性をついた攻撃を受けると、暗号化した通信内容が読み取られてしまうという。

「KRACKs」と名付けられたこの攻撃は広く一般的に使われている通信プロトコルの脆弱性をついたものであるため、パソコンであれIoTデバイスであれOSにかかわらず、通信するあらゆる端末に影響を及ぼす。その影響範囲はとても広くなるだろう。

今後、IoTデバイスはますます応用領域が広がっていく。例えば、自動運転車や医療機器などがIoT化された場合、サイバー攻撃は人命を危険にさらすことにもつながりかねない。

そのため早急に対応が必要と思われるが、なかなか進まない事情もあるようだ。

※1 大量の処理要求を送りつけ対象をサービス機能停止状態に追い込む攻撃手法

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IDC Japan、国内でIoT事業を手掛ける企業の「データエコシステム」に対する取り組み状況の調査結果を発表
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第20回)単三で20年の電池寿命、最大150kbpsのIoTアプリ向けネットワーク「Milli 5」【ネット新技術】
DHT、IoTシステムの保守や連携検証などを行える月額制のマネージドサービス
製造業におけるERP-MES-FA間の「垂直統合」、代替できない“あの業務”がカギとなる
マウスコンピューター、IoT製品「スマートホーム」を販売終了
「mouse スマートホーム」の製品販売が終了 サービスも2022年6月30日終了に
2024年にセルラーIoT接続デバイスが41億個に、鉱工業、自動車が主役
意義あり? 誤解?--IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏
PTC、DX支援を鮮明に--「LiveWorx 19」で見えた“製造業×AR”の未来
IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」
ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」
ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。