IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.22

ロボットが人間を超える“目”を持つ日
東京電機大学が開発を進めるコンピュータビジョン技術

BY

「実学尊重」「技術は人なり」国際ロボコンにも積極的に参加

東京電機大学では、大学内での研究だけではなく、グローバルな視点での研究にも力を入れており、「IDCロボットコンテスト」(IDCロボコン)の参加校の一つでもある。IDCロボコンは創造性や国際的感覚を有するエンジニアの育成を目的として、1990年に東京工業大学とアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)によって始められた。

2017年の参加国は、日本(東京工業大学、東京電機大学)、アメリカ(MIT)、中国(清華大学、上海交通大学、浙江大学)、韓国(ソウル大学)、タイ(国内大会で選抜された学生)、シンガポール(シンガポール技術デザイン大学)、エジプト(ミヌーフィーヤ大学)、メキシコ(国立工科大学)である。東京電機大学では、学内選考会を突破した6名の学生がロボコン参加のチケットを得ることができる。

「IDCロボコンでは国別・大学別のチームではなく、各国代表の学生たちをシャッフルした混成チームでロボットの設計・製作を行い、競い合います。大会初日に初めて顔を合わせた言語が異なるメンバが、英語でコミュニケーションをとり、二週間ほどでロボットを作り上げるという難しさがあります。しかし、共同作業を続けていくうちに次第にコミュニケーションが円滑となり、ものづくりも順調に進むようになります。ロボット製作を通して、世界の名だたる大学の学生と交流することで学生の創造性と国際感覚を養うことのできる、実践的な経験の場であるといえます」(中村氏)

中村研究室の様子

ロボコン以外にも、フォーミュラSAEプロジェクトにも参加するなど、実験実習に重きを置いている。東京電機大学の教育・研究理念である「技術は人なり」、すなわち技術者である前に社会の一員として常に成長する必要があるという理念の表れであるといえよう。

「メカトロニクス」広い視野を持ち、進め、進め

学生たちには広い視野を持って学問に取り組んで欲しいと中村氏は言う。

「ロボットに興味を持つことは素晴らしいことだと思います。しかし、ロボットはメカトロニクスの最新応用事例の一つに過ぎません。それに対し、メカトロニクスはもっと広い分野を表す言葉です。もともとは日本の技術者が提唱した和製英語ですが、現在は世界中の研究者・技術者に知られている言葉です。メカトロニクスは機械・電気電子・情報・制御といった、現代のモノづくりに欠かせない諸分野に関連します。研究者・技術者を志す学生たちには、広い視野を持って、地道に、コツコツと、研究にいそしんでもらいたいと思います。とにかく、進め、進め、です」

一口にロボットと言っても様々な分野に関連しているのだ。研究者・技術者の卵である学生たちがそれぞれの分野で将来を夢見てたゆまぬ研鑽をしている。この先の未来、彼らが科学技術立国・日本の未来を支えていくのだろう。

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

IIJと台湾Kiwitec、LoRaWANソリューション展開で協業

物流クライシスにIoTとデータ活用で立ち向かう--Hacobuが新パートナーシップを発表

2019年上半期はIoTデバイスへの攻撃が急増 ―― エフセキュア調査

スマートホームにもセキュリティリスクあり 気をつけるべきポイント

IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート

IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道

ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション

より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ

AIによる「信用スコア」はメガバンクを駆逐するか

“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには

仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT

自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ

除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携

レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IIJと台湾Kiwitec、LoRaWANソリューション展開で協業

物流クライシスにIoTとデータ活用で立ち向かう--Hacobuが新パートナーシップを発表

2019年上半期はIoTデバイスへの攻撃が急増 ―― エフセキュア調査

スマートホームにもセキュリティリスクあり 気をつけるべきポイント

IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート

IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道

ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション

より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ

AIによる「信用スコア」はメガバンクを駆逐するか

“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには

仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT

自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ

除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携

レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充

IoTニュース

ドコモ、エッジAIプラットフォームの事業化に向けてEDGEMATRIXと提携
IoTで何をすればいいのか分かりません――まずは経営課題の把握を
私たちの医療を支える、日本HPのWindows 10 IoT搭載ワークステーション
日本マイクロソフト、Mobility as a Serviceの実現に向けAIやIoTを活用した支援策を開始
サーバレスエッジプラットフォームにMQTTを提供するAkamai IoT Edge Connect
KDDIと名古屋グランパス、5GやIoTを活用した新たなサッカー観戦を実現に向けパートナーシップ締結
すでに意識は5G時代を向いていた〜「au UNLIMITED WORLD」発表会によせて
IoT機器開発費用を定価で提供するサービス デザインから金型まで
スマートスピーカー「LINE Clova」がパナソニックのホームIoTで利用可能に
au、名古屋グランパスと「新しいサッカー観戦体験」で協力。横浜ベイスターズに続く連携
新タイプのシチズン製スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」時計でIoT機器を操作
日本マイクロソフト、MaaS実現に向けた支援策を開始 AIやIoTを活用
「au HOME」、新IoTデバイスとデバイスセットプランを追加
横浜ベイスターズとKDDI、5G時代の「スマートスタジアム」で協力
au、横浜ベイスターズと「スマートスタジアム」構築に向け契約
コネクシオ、IoTとARを組み合わせた設備保全システムを販売 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。