IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.04.29

知らないでは済まされない! これから“くる”IT技術
AWSから5Gまで。VSNがIT技術者を対象に調査

BY

IoT、人工知能、ロボティクスなど、テクノロジーの技術革新が急速に進む昨今。総務省発表の「平成28年版 情報通信白書のポイント」によると、様々なモノがインターネットとつながるIoTデバイスが、2020年までに約304億個まで増大するといわれている。

そんな背景を反映するデータが公開された。VSNがIT技術者を対象に行った「今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術に関する動向調査」より明らかになったのだ。セキュリティ意識の高まりや人工知能、IoT関連の技術に関心がある結果となっている。

「ネットワーク・セキュリティ・運用」「開発ツール・方式・言語」「OS・サーバ・ストレージ・データベース」それぞれの分野ごとに見てみよう。

情報漏えい意識の高まりが顕著。セキュリティが最優先

ネットワーク・セキュリティ・運用では「次世代ファイヤーウォール」が1位に。クラウド、IoTといった情報化が進むことでサイバー攻撃や情報漏えいの対応意識がより高まっていることが伺える。IoT機器を狙った大規模なDDoS攻撃による被害の増加なども影響しているのではないだろうか。「3~5年以内」にニーズが高まるもので見ると「100Gイーサ」「5G」へのニーズが高く、通信環境向上へのニーズも予測されていることが分かる。

3~5年以内にIoTがJavaを上回る見通し

開発ツール・方式・言語の分野では「Java」が1位に。2位の「IoT」は「3~5年以内」で見ると「Java」を上回る結果となっている。次いで「Python」「アジャイル/スクラム開発」という結果に。「3~5年以内」のニーズでは、「IoT」に加えて「Deep Learning」「データマイニング」が上位に予想される結果となった。

AWSの一強。Windows Server2016は今後に期待

「OS・サーバ・ストレージ・データベース」技術で最も注目されているのは「3~5年以内」「1年以内」ともに、AWS。「3~5年以内」で「1年以内」よりもニーズが高くなりそうな技術には「Windows Server2016」が挙げられている。

1年以内と3~5年以内にニーズが高まる分野を比較してみると、IoTや人工知能に関する分野が伸びてきているのがわかる。今後もこれらに関連する新たなIT技術が増えてくるだろう。増え続けるニーズとともに、そうした新たな技術の動向にも注目したい。

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

2019年上半期はIoTデバイスへの攻撃が急増 ―― エフセキュア調査

スマートホームにもセキュリティリスクあり 気をつけるべきポイント

IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート

IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道

ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション

より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ

AIによる「信用スコア」はメガバンクを駆逐するか

“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには

仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT

自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ

除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携

レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充

マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders

IoTのPoCから“卒業”できません――現場・社外に同志を作れ

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

2019年上半期はIoTデバイスへの攻撃が急増 ―― エフセキュア調査

スマートホームにもセキュリティリスクあり 気をつけるべきポイント

IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート

IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道

ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション

より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ

AIによる「信用スコア」はメガバンクを駆逐するか

“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには

仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT

自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ

除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携

レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充

マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders

IoTのPoCから“卒業”できません――現場・社外に同志を作れ

IoTニュース

2019年上半期はIoTデバイスへの攻撃が急増 ―― エフセキュア調査
スマートホームにもセキュリティリスクあり 気をつけるべきポイント
IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート
IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道
ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション
より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ
“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには
仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT
自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ
除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ
他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法
荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売
KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設
スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ
センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携
レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。