2018.1.23

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録
筆坂 秀世
1948年兵庫県生まれ。元参議院議員、政治評論家。著書に『日本共産党』、共著に『自民党はなぜ潰れないのか 激動する政治の読み方』『参議院なんかいらない』『私たち、日本共産党の味方です』『どん底の流儀』などがある。
このままでは見放される論拠薄弱な護憲派 政治経済

このままでは見放される論拠薄弱な護憲派
リアルな防衛から目を背けてはいけない

政治経済 松竹氏は、『改憲的護憲』の「はじめに」で、「護憲派には、日本防衛の問題をわが事として捉える覚悟が求め… 2018.1.16
暴力はいけないが、貴乃花も子供じみていないか ライフ

暴力はいけないが、貴乃花も子供じみていないか
相撲ファンとしてはいい加減にしてほしい内輪もめ

ライフ 12月28日に発表された貴乃花親方への処分についてネット上では多くの批判の声があがっている。だが、処分は… 2018.1.2
野党のふがいなさが国民を政治から遠ざける 政治経済

野党のふがいなさが国民を政治から遠ざける
いつになったら政治に緊張感が生まれるのか

政治経済 民進党は巨額の政治資金を目当てに、いつまでもずるずる解党を引き延ばしにしていると、ますます国民からは… 2017.12.19
PR
PR
政治家はなぜあんなに失言を重ねるのか 政治経済

政治家はなぜあんなに失言を重ねるのか
演説はそもそも「上から目線」、受け狙いで自爆

政治経済 政治家が演説する際の「上から目線」というのは、一歩間違うと聴衆を軽んじる態度につながってくる。これが… 2017.12.5
混迷の野党はどこに向かおうとしているのか 政治経済

混迷の野党はどこに向かおうとしているのか
立憲民主党も希望の党も立ち位置に疑問符

政治経済 立憲民主党の綱領を見て驚いた。民進党とほぼ同じである。すべて一緒なのかも知れない。急ごしらえの政党で… 2017.11.21
PR
PR
PR
このままでは見放される論拠薄弱な護憲派
リアルな防衛から目を背けてはいけない
[筆坂 秀世] 2018.1.16
暴力はいけないが、貴乃花も子供じみていないか
相撲ファンとしてはいい加減にしてほしい内輪もめ
[筆坂 秀世] 2018.1.2
野党のふがいなさが国民を政治から遠ざける
いつになったら政治に緊張感が生まれるのか
[筆坂 秀世] 2017.12.19
PR
政治家はなぜあんなに失言を重ねるのか
演説はそもそも「上から目線」、受け狙いで自爆
[筆坂 秀世] 2017.12.5
混迷の野党はどこに向かおうとしているのか
立憲民主党も希望の党も立ち位置に疑問符
[筆坂 秀世] 2017.11.21
いつまで「党勢拡大」?共産党の懲りない選挙総括
躍進と後退を激しく繰り返し、前に進めず
[筆坂 秀世] 2017.11.7
PR
自民党大勝の最大の功労者は小池百合子と前原誠司
有権者を舐めていた希望の党、時代の空気に適していた立憲民主党
[筆坂 秀世] 2017.10.24
この国の行方は? よく分からない選挙が始まった
解散・総選挙で国難は突破できるのか
[筆坂 秀世] 2017.10.10
見ていてげんなりしてくる政治家の右往左往ぶり
誤算、誤算、誤算、の総選挙が始まる
[筆坂 秀世] 2017.10.3
「希望の党」に駆け込むみっともない政治家たち
小池百合子氏におんぶに抱っこの希望なき新党
[筆坂 秀世] 2017.9.26
一体何をしたいのか? ひ弱すぎる新党結成の動き
大義も構想もなく、ただ小池氏の力を頼っているだけ
[筆坂 秀世] 2017.9.12
共闘はどうなる?民進党代表選に気を揉む共産党
野党共闘で一番得をしたのは共産党だった
[筆坂 秀世] 2017.8.29
誰が代表になっても前途は暗い民進党
安倍一強体制の崩壊と野党の惨状
[筆坂 秀世] 2017.8.15
蓮舫氏、稲田氏、2人の女性政治家の深刻な前途
2人の「退出」が示すものとは
[筆坂 秀世] 2017.8.1
安倍政権の「骨格」を変えない内閣改造に意味はあるのか?
支持率は30%割れ、もろくも崩れ去った「安倍一強」
[筆坂 秀世] 2017.7.18
驕りが招いた自民党の都議選“衝撃的惨敗”
小池百合子という政治家には本当に驚かされる
[筆坂 秀世] 2017.7.4
これで通学してるのか!小中学生のカバンが重すぎる
最近、何とかしてほしいと願うこと
[筆坂 秀世] 2017.6.21
プロ野球の「助っ人外国人」という呼び方が許せない
最近、何とかしてほしいと願うこと
[筆坂 秀世] 2017.6.20
なぜ教育委員会の対応はいつも不誠実なのか
「いじめはある」を大前提にすべき
[筆坂 秀世] 2017.6.6
安倍首相の改憲提案、国民と野党はどう受け止めた?
「憲法違反」のままでいいはずがない自衛隊
[筆坂 秀世] 2017.5.23
次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR