2017.1.22

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

筆坂 秀世
1948年兵庫県生まれ。元参議院議員、政治評論家。著書に『日本共産党』、共著に『自民党はなぜ潰れないのか 激動する政治の読み方』『参議院なんかいらない』『私たち、日本共産党の味方です』『どん底の流儀』などがある。
前代未聞の党大会 共産党の置かれている状況とは? 政治経済

前代未聞の党大会 共産党の置かれている状況とは?
「野党連合政権」を掲げるが前途は厳しい

政治経済 共産党が野党共闘関係を絶対に壊したくない、続けたいと願っていることは間違いない。そのためには、最終的… 2017.1.17
「過労死」「ブラック企業」という言葉の根絶を願う 政治経済

「過労死」「ブラック企業」という言葉の根絶を願う
待ったなしの働き方改革、成果をあげる年に

政治経済 ブラック企業などという言葉が生まれたのも、長時間の過酷労働やパワハラが以前よりもさらに横行しているか… 2017.1.3
困難は自明の北方領土交渉、過去の約束を突きつけよ 国際

困難は自明の北方領土交渉、過去の約束を突きつけよ
ソ連だけでなくアメリカにも翻弄されてきた北方領土

国際 第2次世界大戦の戦後処理を巡って、1941年の大西洋憲章でも、1943年のカイロ宣言でも「領土不拡大」が明記… 2016.12.20
PR PR
「大きな黒い頭の鼠」が巣食っていた東京都 政治経済

「大きな黒い頭の鼠」が巣食っていた東京都
「大山鳴動して鼠一匹」は間違っている

政治経済 豊洲市場しかり、舛添前知事の豪華外遊しかり、都議会自民党の横暴しかり、まさに東京都政は“伏魔殿”にな… 2016.12.6
日本共産党が“何を今さら”の中国批判 政治経済

日本共産党が“何を今さら”の中国批判
今、共産党に必要なのは存在意義そのものの見直し

政治経済 日本共産党からすれば、これまで友好関係にあった中国共産党を批判するわけだから、それなりに画期的なこと… 2016.11.22
PR 前代未聞の党大会 共産党の置かれている状況とは?
「野党連合政権」を掲げるが前途は厳しい
[筆坂 秀世] 2017.1.17
「過労死」「ブラック企業」という言葉の根絶を願う
待ったなしの働き方改革、成果をあげる年に
[筆坂 秀世] 2017.1.3
困難は自明の北方領土交渉、過去の約束を突きつけよ
ソ連だけでなくアメリカにも翻弄されてきた北方領土
[筆坂 秀世] 2016.12.20
PR 「大きな黒い頭の鼠」が巣食っていた東京都
「大山鳴動して鼠一匹」は間違っている
[筆坂 秀世] 2016.12.6
日本共産党が“何を今さら”の中国批判
今、共産党に必要なのは存在意義そのものの見直し
[筆坂 秀世] 2016.11.22
選挙は水物、何が起きるか誰にも分からない
自民党に気の緩みと驕りはないか
[筆坂 秀世] 2016.11.8
PR 新潟知事選と補欠選に見る蓮舫民進党のお粗末
今後の野党共闘はどうなるのか?
[筆坂 秀世] 2016.10.25
平身低頭で党員に「赤旗」購読を呼びかける共産党
赤旗を読まない共産党員などあり得なかったが・・・
[筆坂 秀世] 2016.10.11
民進党と共産党の共闘に突きつけられているもの
まともな「綱領」が必要な民進党
[筆坂 秀世] 2016.9.27
都政の闇をえぐり出し始めた小池知事
専門家会議の報告はなぜ無視されたのか?情報の徹底公開を
[筆坂 秀世] 2016.9.13
共産党の総括ではなぜか鳥越俊太郎が「大健闘」
都知事選、小池勝利の要因を今こそ謙虚に学ぶべき
[筆坂 秀世] 2016.8.30
オリンピックで痛感「今どきの若者は・・・凄い」
堂々と戦い、インタビューは外国語で
[筆坂 秀世] 2016.8.16
小池百合子氏を圧勝させた改革の覚悟と都民の怒り
醜悪だった自民党東京都連の嫌がらせ
[筆坂 秀世] 2016.8.2
土俵はできた~今こそ真正面から客観的な憲法論議を
中国、韓国、護憲派の懸念はお門違い
[筆坂 秀世] 2016.7.19
改憲勢力3分の2超に、それでも大健闘だった民進党
見通しを誤った共産党、野党共闘の行方は?
[筆坂 秀世] 2016.7.11
防衛費は「人殺し予算」、出るべくして出た藤野発言
本当は自衛隊を解体させたい共産党
[筆坂 秀世] 2016.7.5
若者は変化を望むのか、現状を変えたくないのか
18歳選挙権、野党統一候補、見どころ満載の参院選が始まる
[筆坂 秀世] 2016.6.21
“ずるい”選挙で三度目の勝利を狙う安倍自民党
「増税しません」で国民の信を問うというおかしな理屈
[筆坂 秀世] 2016.6.7
このまま居座るのか?「小人」すぎる舛添知事
「公」と「私」の峻別こそ政治家の要諦
[筆坂 秀世] 2016.5.24
罵倒してフルボッコに、不寛容な社会の嫌な感じ
政治家も公園も街路樹も、日本は野暮になっていないか
[筆坂 秀世] 2016.5.10
次へ