2017.11.23

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

水野 壮

(みずの・ひろし)。NPO法人食用昆虫科学研究会副理事長。農学博士。日本科学未来館で展示制作等に携わるなかで、昆虫食の研究に開眼。現在は大学で教鞭をとるかたわら、BS日テレ「深層NEWS」への出演、読売新聞「論点」への執筆等、昆虫食普及活動を行っている。著作は洋泉社「昆虫を食べる!昆虫食の科学と実践」など。

ヒアリの侵入で日本の生態系はどうなる? 国内

ヒアリの侵入で日本の生態系はどうなる?
外来生物の見過ごされている問題

国内 ヒアリ日本上陸の報告が続いている。日本で分布を広げていくことの危険性は、周知されるべきだ。ただ、昨今… 2017.7.31
ゴキブリでテラフォーミングは可能か 国内

ゴキブリでテラフォーミングは可能か
現実味を帯びてきたゴキブリの養殖

国内 人類は月や火星など、地球以外の新しい居住地を開拓する研究を進めているが、火星のテラフォーミングにゴキ… 2016.6.15
世界の食糧危機を救う?「家畜化」進む食用昆虫 国内

世界の食糧危機を救う?「家畜化」進む食用昆虫
嫌われ者のあの虫も、栄養が豊富で環境負荷も軽減

国内 世界で昆虫食の研究は始まったばかりだが、現在、人間の食用あるいは家畜や養殖魚の飼料としての価値を評価… 2016.5.3
PR
PR
昆虫を害虫としか見ない日本は「宝の持ち腐れ」 国内

昆虫を害虫としか見ない日本は「宝の持ち腐れ」
欧州で勢いづく昆虫食、本当は「昆虫先進国」の日本では?

国内 欧米諸国や韓国では、国や企業レベルで新しい昆虫食市場を開拓する動きが出始めている。一方、日本は、昆虫… 2015.12.21
PR
PR
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR