2017.9.26

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

中東・アフリカ

チュニジアの「ジャスミン革命」に端を発した中東・アフリカの民主化運動。エジプトでは約30年続いたムバラク政権が終焉し、リビアでもカダフィ政権が崩壊に追い込まれた。各国の民主化運動はますます激しさを増し、緊迫した状況が続く。世界が注目する中東・アフリカ情勢をJBpress独自の情報網で伝える。

サウジ国王の「和食好き」に応えた官邸のおもてなし 国際

サウジ国王の「和食好き」に応えた官邸のおもてなし
“3年前のメニュー”との比較でも窺える食への敏感さ

国際 王族、随員、企業関係者など1000人以上を従えて、サウジアラビアのサルマン国王が来日した。官邸は駐日サウ… 2017.3.30
カメルーンにうまい米を!米作り伝道師の挑戦 国際

カメルーンにうまい米を!米作り伝道師の挑戦
食糧と仕事を実らせる「水田」を目指して

国際 将来的な食料不足のリスクも指摘されるアフリカ大陸は、世界の未開拓の農耕可能地の45%を持つ農業ポテンシ… 2016.6.27
先駆者が語る、ルワンダでオフショア開発をする理由 国際

先駆者が語る、ルワンダでオフショア開発をする理由
仕事は丁寧で粘り強く、技術力も問題なし

国際 ICTを成長ドライバーと位置付けるルワンダで、アプリ開発を行う唯一の日本企業がある。WiredIn Japan代表取… 2016.6.6
PR
PR
ルワンダを雷から守れ!日本企業が立ち上がった 国際

ルワンダを雷から守れ!日本企業が立ち上がった
避雷器の使い方と雷対策を伝授

国際 20年前の大虐殺から「アフリカの奇跡」と呼ばれる復興を遂げたルワンダ。実は、世界的にも雷の多発する地域… 2016.5.30
神戸が日本で一番ルワンダ人留学生を呼び寄せる理由 国際

神戸が日本で一番ルワンダ人留学生を呼び寄せる理由
「ICT×若者」が切り開く日本とアフリカの未来

国際 1994年の大量虐殺が記憶に残るルワンダ。しかし、現在のルワンダは「アフリカの奇跡」と呼ばれる復興を遂げ… 2016.5.23
PR
PR
PR
サウジ国王の「和食好き」に応えた官邸のおもてなし
“3年前のメニュー”との比較でも窺える食への敏感さ
[新潮社フォーサイト] 2017.3.30
カメルーンにうまい米を!米作り伝道師の挑戦
食糧と仕事を実らせる「水田」を目指して
[堺 夏七子] 2016.6.27
先駆者が語る、ルワンダでオフショア開発をする理由
仕事は丁寧で粘り強く、技術力も問題なし
[堺 夏七子] 2016.6.6
PR
ルワンダを雷から守れ!日本企業が立ち上がった
避雷器の使い方と雷対策を伝授
[堺 夏七子] 2016.5.30
神戸が日本で一番ルワンダ人留学生を呼び寄せる理由
「ICT×若者」が切り開く日本とアフリカの未来
[堺 夏七子] 2016.5.23
強気があだに?カタールの2022年W杯は大丈夫か
建設プロジェクトは見直しや中止、しわ寄せは外国人労働者に
[堀川 晃菜] 2016.3.24
PR
ついに自国民を抱えきれなくなってきたサウジ
原油価格下落で問題噴出、雇用先延ばしのために大学を増設?
[堀川 晃菜] 2016.2.16
派手に見えて中身は堅実、ドバイの知られざる顔
世界中の人・モノ・金が集まる理由
[堀川 晃菜] 2016.1.18
アラブの大富豪はいつまでその生活を続けられるのか
産油国経済のしくみと実情(第2回)
[鶴岡 弘之] 2015.12.24
PR
実は持ちつ持たれつ、サウジとアメリカの微妙な関係
産油国経済のしくみと実情
[堀川 晃菜] 2015.11.30
米国が最も警戒するテロ組織「AQAP」とは?
ついに米国に殺害された最高指導者
[和田 大樹] 2015.7.3
サウジアラビアの攻勢でますます進む原油安
OPECでもスンニ派、シーア派が衝突か
[藤 和彦] 2015.4.3
セキュリティー体制の隙を突かれたチュニジア
民主化の一方でテロに走る若者、関与を深める旧宗主国フランス
[吉田 彩子] 2015.3.30
韓国製家電に囲まれていたアフリカの富裕層
成長する購買力を狙う欧米・韓国・中国企業
[堺 夏七子] 2015.3.16
絵空事ではない中東発石油危機のシナリオ
財政悪化、周囲にテロリスト──「内憂外患」のサウジアラビア
[藤 和彦] 2015.2.27
ついに「ダーイシュ」に報復宣言、エジプトは中東を安定に導けるか?
ダーイシュの“模倣犯”に挟まれ、国内は治安悪化の一途
[松本 太] 2015.2.26
ジャーナリストが行かなければ紛争地の真実は伝えられない
テロをなくすために日本が本当にやるべきこととは
[志葉 玲] 2015.2.13
イスラム国は日本を特に重視しているわけではない
錯綜した人質事件の情報(中篇)
[黒井 文太郎] 2015.2.10
シリアとヨルダン、「イスラム」フィルターを外すと見えてくるもの
人口と食料生産で読み解く国家の姿
[川島 博之] 2015.2.9
イスラム国ではなく「ダーイシュ」、弱点を突いて解体せよ
元バアス党員と元イラク軍人たちが夢想した世界とは
[松本 太] 2015.2.6
次へ
1 2 3 4
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR