今年の夏は食中毒にご用心

節電、停電で細菌が増殖?

2011.06.03(Fri) 白田 茜
筆者プロフィール&コラム概要

 焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」で生肉を食べた客が感染した集団食中毒事件。5月16日時点で患者数は165人に達し、うち22人が重症、4人が死亡という被害状況だ。

 毎年のように繰り返される食中毒事件。しかも、今年の夏は電力不足による節電で、食中毒が起こりやすいと懸念されている。そこで、4月に起きた「焼肉酒家えびす」での食中毒事件を振り返るとともに、夏に向けて家庭と事業者が衛生面で注意すべき点を考えてみたい。

罰則のなかった衛生基準

 「焼肉酒家えびす」での食中毒の原因は、生の牛肉を使ったユッケから検出された腸管出血性大腸菌O111(オーいちいちいち)だった。

 客に提供されたのは、生食用ではなく加熱用の生肉だった。しかも、厚生労働省の衛生基準では、生肉の場合、肉の表面についている細菌を取り除く「トリミング」作業を求めていたが、食肉処理業者もえびすもこの作業を行っていなかった。

 厚生労働省のこの衛生基準は1998年に策定された「生食用食肉等の安全性確保について」に記されている。この通知は、90年代後半に起きたO157(オーいちごなな)による集団食中毒事件を受けて作られたものだ。

 しかし、指針の基準に反しても罰則はなく、実際に生食に使われる肉は、ほとんどが「加熱用」だった。

 例えば、東京都福祉保健局によると、2008年度に、この衛生基準を満たした「生食用」肉が出荷されたのは馬の肉・レバーのみ。牛肉は、国内のと畜場から生食用として出荷された実績はない。一部生食用として輸入されている牛肉はあるが、その量はごく少ないものと考えられる。また、鶏肉には生食用の衛生基準がない。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1978年佐賀県生まれ。佐賀県庁で食品のブランド化に関わる。その後、大学院で農業政策や食品安全に関するリスクコミュニケーションを学ぶ。食品コンサルタント会社を経て、現在は社会的関心が高い科学ニュースについて専門家のコメントを収集しジャーナリストに提供する活動をしている。関心のあるテーマは、農業、食品流通、食品安全、リスクコミュニケーション。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。