下ネタ連発、法王に暴言&比大統領選で優勢 「私刑執行人」の過激発言

大統領選ではローマ法王への暴言も(写真は大統領選時のロドリゴ・ドゥテルテ氏)〔AFPBB News

 ロドリゴ・ドゥテルテ氏は現在のフィリピンの大統領だ。今年6月に就任してから日本でも異例の注目を浴びているため、よくご存知の方も多いだろう。

 この大統領は自国において就任から3か月経過した9月時点で86%もの支持率を誇っているという。日本においては彼に対する好意的な報道は少ないため、なぜフィリピン国民から熱狂的に彼が支持されているのか私は疑問に感じていた。

 この10月フィリピンの首都マニラを訪問した。そこで彼の人気の一端に触れる機会があった。

 以前から親しくしている現地の医学生ダイアンとレストランで食事をとった時のことである。ウェイターが「DUTERTE」と名前が入ったリストバンドをつけていたので、私は「大統領のファンなのですか」と尋ねてみた。

 すると彼は「俺は彼が市長を務めていたダバオ市の出身なんだ。彼は地元の英雄だよ。」と笑いながらそのリストバンドを私にくれた。

貧困層からの支持は絶大だが・・・

 ダバオ市において彼が市長を務めていた22年間の間に犯罪が激減したのは有名である。その他、麻薬犯罪の撲滅や深夜の酒類の販売禁止、公共の場所での喫煙の禁止など特筆すべき業績を多数挙げている。また汚職を嫌い質素な生活を送っていることでも尊敬を集めていたという。

 大統領となった現在、貧困や犯罪、汚職を撲滅するという彼のメッセージは多くの国民に支持されている。実際、フィリピン滞在中機会があるごとに現地の方々にドゥテルテ大統領について尋ねてみたが、誰一人として彼のことを悪く言う人はいなかった。