2016.4.6 視聴時間 03:01
大都市の国際競争力を強化し、日本全体の底上げを!~100の行動60

GLOBIS知見録の新着記事はこちらから
アプリウェブ
最新情報もお届けしています
FacebookTwitter

<100の行動60> 
大都市の国際競争力を強化し、日本全体の底上げを!

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京を世界一魅力的かつ競争力の高い都市に育てるために必要な4つの提言。

1.大都市の居住空間を倍増せよ! ~容積率の緩和や老朽化建物の立て替えを進めよ!
最大の弱みである居住空間に関しては、大胆な容積率緩和を行い、香港やニューヨークと同様に無限に広がる空を有効活用することを提案する

2.首都圏空港のアクセスを世界トップクラスに!
東京は国際線直行便の就航都市数や国際線の旅客数が低水準で、弱みとなっている。首都圏空港としては羽田、成田、茨城に加え、将来的には横田も含めた容量拡大と乗継利便性の向上を進めることが必要。また、オープンスカイの促進とLCC参入促進で空から東京圏へのアクセス強化を進めることも必要である

3.都市のエンタメ力を高め、文化的魅力を向上させよ!
第3の東京の弱みは、文化交流。もともとの強みである美術館・博物館などの文化施設、クールジャパン・ポップカルチャー分野を含めた、都市の総合エンタメ力を向上したい

4.外国人の受け入れ環境の強化を!
東京は、今でも英語化・多言語化の遅れが指摘されている。インターナショナルスクールの拡充や外国人医師による診療機関など、出来ることは全て進めるべき

スピーカー
堀 義人/グロービス経営大学院 学長

(肩書は2016年4月のもの)

記事ページはこちら
http://100koudou.com/?p=1496

書籍『日本を動かす「100の行動」』

RANKINGランキング
RECOMMEND MOVIESおすすめ動画