ブレア英元首相がイラク戦争で謝罪、IS台頭との関連認める

英国のトニー・ブレア元首相(2015年7月撮影)〔AFPBB News

 まさかこんな形で過去の所業が公開されるとは思っていなかったはずだ。

 何のことかと言えば、英トニー・ブレア元首相がジョージ・ブッシュ前大統領と交わした秘密の約束事である。本来、ブレア首相が墓場まで持っていくはずの秘め事が英紙によって明かされてしまった。

 秘め事というのはブレア氏がブッシュ氏に対し、2003年3月に始まるイラク戦争の1年も前に、「米国についていく」という主旨の約束をしていたことだ。

墓場へ持っていくはずの文書

 経緯をご説明したい。発端はヒラリー・クリントン前国務長官のメール問題だった。ヒラリー氏は国務長官時代、公務でのメール通信を個人用のメールアカウントで行っており、今春、約3万件の公務メールを公開するよう求められた。

 ブレア氏が墓場まで持っていくべき内容もその中にあった。

 イラク戦争前年の3月、ブレア氏は当時の米国務長官だったコリン・パウエル氏と交信していた。と言うのも、ブレア氏は2002年4月に訪米し、テキサス州クロフォードでブッシュ氏と会談する予定だったからだ。

 首脳同士が会談する時、事前に両国の政府高官が入念な打ち合わせをする。外交儀礼として首脳が何を話し合うのかが確認される。その時の内部文書がヒラリーメールの中に含まれていたのだ。

 筆者は今回、問題になったメールを入手した。パウエル氏がブッシュ氏に送ったメモで、2022年4月1日まで極秘扱いにされるはずだった内容だ。一部を抜粋したい。