特集 航海時代

日本企業にそっぽ向く日本人留学生たち

大人気ボスキャリだが、海外有名企業は早々に青田買い

2010.09.08(Wed) 福原 正大

キャリアと教育

upperline

米国ボストンの広大なコンベンションホール。そこに集まる人、人、そしてまた人。すさまじい熱気だ。会場にいるのは黒いスーツに身を包んだ男女ばっかりで、どの顔も緊張感に包まれている。

ボスキャリとは

ボストンのダウンタウン(ウキペディアより)

 彼らは、米国中に散らばっている米国大学の日本人留学生たち。全米で5000人を超える彼らが1年に1度、一堂に会する大イベントがボストンで開かれるのだ。

 日本の就職情報会社のディスコの米国法人が1987年から企画する日本人留学生にとっての最大の就職斡旋フォーラム、「ボストンキャリアフォーラム(通称:ボスキャリ)」である。

 今年は、2010年10月22~24日に行われる。参加するのは、世界4大会計会社の1つ、アーンスト・アンド・ヤングやドイツ銀行といった欧米の企業と、電通や野村証券といった日本の企業。2010年8月31日時点で、109社が出展する予定である。

 ボスキャリでは、米国の日本人留学生が、事前にインターネットを通じて、企業にエントリーシートを送ることから始まる。

 企業は、エントリーシート合格者に対しまず電話面接を実施する。電話面接をクリアした学生は、実際にボスキャリ当日の会場で面接をすることができる。

 エントリーシートや電話面接で合格しなかった学生も、当日、会場の各社ブースで面接を受けることができる場合もある(ただし、人気企業は実質不可能)。

 当日の会場では、グループ面接から始まることが多い。

 グループ面接においては、その場で合格者だけ名前が呼ばれて別室の面接(ブース)へ。そのブースで日米の社員3~4人と直ちに英語と日本語での個別面接。

 企業はすべての面接が終了後、目をつけた学生に携帯電話で、「Hello! This is Fukuhara from IGS. We would like to invite you for a dinner tonight.」といった具合に、ディナーに招待する。

 ここまでくれば、採用に大きく前進。当日中に採用のオファーが出される学生が、就職氷河期の2009年ボスキャリですら、参加者のうち1000人近くもいるのである(ボスキャリ2009年度参加者からのサーベイ結果)。

1
nextpage

このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 航海時代



facebook Comments

関連キーワード検索


underline
昨日のランキング
直近1時間のランキング

当社は、2010年1月に日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報について適切な取り扱いがおこなわれている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得いたしました。

プライバシーマーク