特集 航海時代

ガラパゴス化している日本企業の人事制度

採用の方法をすぐにでも変えなければ日本は沈没する

2010.08.27(Fri) 福原 正大

キャリアと教育

upperline

アメリカ経済学会(AEA)の年次総会をご存じだろうか?

 

世界中の有力企業が優秀な人材を求めて大集合

 「経済学者の会合」は、表の顔。世界有数企業の人事が最も熱くなる年明け早々のリクルートイベントが、裏の顔である。

 国際通貨基金(IMF)や世界銀行(世銀)、欧米の有力企業であるゼネラル・エレクトリック(GE)やBP、そしてサムスングループをはじめとする韓国の企業など錚々たる企業の人事担当が、世界の有名大学院で博士号を取得した優秀な人材をAEA総会で待ち受けている。

 最高の頭脳には多くの企業が群がり、争奪戦が起こるのである。

 少しでも良い人材を採るために、筆者が以前勤めていた外資系企業では、10人を超える経営層と人事採用者がAEAの年次総会に臨んでいた。

 世界の中で、国際経済情勢を他社よりもより正確に分析し、企業経営に生かそうとするのは、生き残りをかけた世界企業の常識である。

ゴールドマン、マッキンゼーに内定した学生をサムスン、LGが引き抜き

 場所は変わり、欧米各国に広がる有名ビジネススクールのキャンパス。MBAコースを提供する欧米のビジネススクールでは、大規模なMBA学生への求人フォーラムを開催する。

 欧米の有名企業はもちろんのこと、韓国のサムスン電子やLG電子は、1990年代後半から欧米のトップビジネススクールの就職フォーラムに積極的に参加し、少しでも多くの優秀な人材を取り入れることに必死になっていた。

 筆者が感心したのは、韓国企業の一部が、ゴールドマン・サックスやマッキンゼーに内定が出ている20代半ばの欧米の学生を、年収1500万から2000万円の高額で自社に釣ろうと必死になっていることだった。

1
nextpage

このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 航海時代



facebook Comments

関連キーワード検索


underline
昨日のランキング
直近1時間のランキング

当社は、2010年1月に日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報について適切な取り扱いがおこなわれている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得いたしました。

プライバシーマーク