アップル、イスラエルの新興企業を買収

「iPhone」や「iPad」に3Dセンサー技術を導入か?

2013.11.27(水) 小久保 重信
    http://goo.gl/Y9mZIY
1
nextpage

米アップルが、プライムセンス(PrimeSense)というイスラエルの新興企業を買収したと複数の海外メディアが報じている。この企業はカメラやセンサーを使って人の動きを感知する、3Dモーショントラッキング技術を手がけている。

 米マイクロソフトのゲーム機「Xbox(エックスボックス)」には身振りでゲームを操作できるコントローラー「キネクト(Kinect)」があるが、プライムセンスはこの製品の初期モデルに技術を提供していた企業だ。

クックCEOの狙い、iPhoneはあくまで高級路線

アップルに期待するのは「次の目玉」 専門家ら

アップルの開発者会議で発表するティム・クックCEO〔AFPBB News

 プライムセンスの設立は2005年で、本社はテルアビブにある。報道によると、今年7月にアップルの幹部が同社を訪れ、買収交渉を始めていた。

 当初の買収提示額は2億8000万ドルだったが、その後の交渉で金額が約3億5000万ドルに変更され、このほど協議がまとまったとのことだ。

 米ウォールストリート・ジャーナルは、アップルは今後プライムセンスの技術をパソコンの「マック」」やスマートフォンの「アイフォーン」、タブレット端末の「アイパッド」、あるいは現在開発中との観測が流れているテレビ「iTV」に採用する可能性があると伝えている。

 だが、現在のところ同社がこの技術をどう使うのか具体的なことは分かっていない。そうした中、米フォーブスは、今年9月にアップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が話した内容に注目し、同社は主力のアイフォーンとアイパッドの機能を拡充し、今後も両製品の高級路線を貫くのではないかと伝えている。

 同誌によると、クックCEOは「安物」のスマートフォン市場には関心がないのだという。

 市場には、様々なことを実現できる製品が求められるセグメントと、そうではない製品のセグメントがあり、クックCEOが他社と競争したいと考えているのは前者だという。後者については「私はなんら心配しない。なぜなら我々の市場ではないからだ」と断言している。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

ニューズフロント社長。1961年生まれ。翻訳者、同時通訳者を経て、1998年から日経BP社のウエブサイトでIT関連の記事を執筆し始めた。 2000年にニューズフロントを設立。英語力の豊かなIT専門記者を育成すると同時に、独自に海外ニュースの速報事業を展開している。2003年に国内ニュースの配信にも進出した。

IT最前線

刻一刻と変化するITの世界。米国だけでなく世界中で起きている最新の情報を海外の有力メディアからピックアップし、この世界に詳しい筆者が鋭い分析を加えてお送りする。

>>最新記事一覧へ