PCメーカーにとってショッキングなデータ

4~6月期の出荷0.1%減、7四半期連続の低成長

2012.07.13(金) 小久保 重信
    http://goo.gl/tMa50
1
nextpage

市場調査会社の米ガートナーと米IDCが11日にそれぞれ世界のパソコン市場に関する調査結果を公表したが、その内容がパソコンメーカーにとって大変ショッキングなものになっている。

 この4~6月期のパソコン出荷台数は8750万台にとどまり、ガートナー、IDCともに前年比0.1%減という数値となった。

 ガートナーによれば、これで世界のパソコン市場は、ゼロ成長あるいは1桁増という低成長が7四半期続いたことになる。世界経済の先行き不透明感に加え、消費者のパソコン購入への関心の低下が主な原因という。

期待のウルトラブック、成果出せず

アップル初代PC「Apple I」、米サザビーズで競売に

米アップルの初代パソコン「Apple I」〔AFPBB News

 米アップルの薄型ノートパソコン「マックブック・エア(MacBook Air)」の成功に倣い、自社のマイクロプロセッサーの需要を高めようと米インテルが「ウルトラブック(Ultrabook)」を提唱し、メーカー各社に開発、製造を働きかけている。

 しかし、この期待の製品セグメントがまだ本格普及の段階には達していないというのがガートナーとIDCの見解だ。

 その理由は様々に考えられるが、ガートナーの主席アナリスト、北川美佳子氏は「消費者の間で、スマートフォンやメディアタブレットなどパソコン以外の機器の購入が進むなか、パソコンへの支出については関心が弱まっている」と説明している。

 一方、IDCは米マイクロソフトの次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」への期待から買い控えが起こっていることに加え、ウルトラブックの低価格化が十分に進んでいないことを理由に挙げている。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

ニューズフロント社長。1961年生まれ。翻訳者、同時通訳者を経て、1998年から日経BP社のウエブサイトでIT関連の記事を執筆し始めた。 2000年にニューズフロントを設立。英語力の豊かなIT専門記者を育成すると同時に、独自に海外ニュースの速報事業を展開している。2003年に国内ニュースの配信にも進出した。

IT最前線

刻一刻と変化するITの世界。米国だけでなく世界中で起きている最新の情報を海外の有力メディアからピックアップし、この世界に詳しい筆者が鋭い分析を加えてお送りする。

>>最新記事一覧へ