コロナ禍の中で決めた「神田が得意な会社に徹していく」

 スマイルリンクルは、創業者で現会長の森口康志氏が1994年に創業し27年の社歴を持つ。神田でドミナント展開をしていて、その中の一つ「広島お好み焼き Big-Pig 神田カープ本店」は広島東洋カープのOBや現役選手がトークショーを行うなど、カープファンの聖地となっている。現社長の須藤剛氏は2019年10月に代表取締役に就任。翌年、コロナ禍となり、大きな苦難の中でかじを取るようになった。

 神田は小さな事業所が密集するオフィス街だ。通常時のディナー帯はこれらのお客でにぎわうが、リモート勤務で昼間人口は半分以下に。展開エリアを他に移すことも検討したが、そうした中、昨年4月にJR神田駅南口から徒歩30秒のところに「10坪4階建て」の物件が現れた。須藤氏はこの物件を借りたいと思ったが、その決断に踏み切ることができなかった。

 同社は、創業以来、神田に拠点を置きながら、赤坂、銀座、行徳・葛西といった東西線沿線と多様なエリアで店舗を展開、累計で30店舗を出店してきた。それが、昨年の段階で神田に4店舗を経営する会社となっていた。

 須藤氏はこう語る。

「かつて展開エリアが広くなったことで“従業員の血が薄くなった”という感覚があった。従業員満足度が低下し、その結果、顧客満足度も低下した。そこで収益モデルが崩れていなかった神田エリアの店舗の営業に集中することになった。当社は神田で商売をするのが得意な会社になったという結論に至った」

 そして昨年6月、先ほどの物件を借りる決断をしたのであった。

<「JBpress World」大好評開催中(11/8-12/17)>
DXや働き方改革、サステナブル経営をテーマに、70名以上のプロフェッショナルが登壇するオンラインセミナーと、30社以上が出展するバーチャル展示会で展開する日本最大級のオンラインイベント