IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.07.26

手書きPOPが空中に?書店はITでまだまだ楽しくなる
ARアプリ「POPSTAR」が広げる書店の可能性

BY

POPSTAR」を開発した「雷公鞭(らいこうべん)」の角舘浩太郎社長

「スマホに映った画像は大きなインパクトがあり、想像以上の体験でした。街の観光情報や飲食店の広告との連携など、書店を飛び出してもいろいろな形で活用できる可能性があると思いました」──JBpressの書評コラムでもお馴染みの「ORIORI produced by さわや書店」(岩手県盛岡市)店長、松本大介氏は「POPSTAR(ポップスター)」導入時の印象をこう語る。

 5月19~27日、ORIORIは期間限定でPOPSTARを導入した。POPSTARはAR(拡張現実)を活用したスマートフォンアプリである。

 書店に行くと、書店員の手書きのPOPがよく掲示されている。書店員の熱いメッセージに反応し、思わずお勧めの本を買ってしまったという人は多いのではないだろうか。POPSTARはそれらのPOPをAR空間に表示する。

 利用者は自分のスマートフォンに専用アプリをダウンロードする。書店に行ってアプリを起動し、カメラを書棚にかざすと、現実の風景の上にPOPが次々に浮かび上がる(下の写真)。POPをタップすると、本の詳細情報が表示される。

手書きのPOPが浮かび上がって見えるPOPSTARの画面(写真提供:雷公鞭)
拡大画像表示

 画面に表示されるPOPは、実際の手書きPOPをスキャニングしたもの。それらのデータをネット上のサーバーに保存し、店内に設置してあるビーコンからスマホに飛ばしている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

意義あり? 誤解?--IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏
PTC、DX支援を鮮明に--「LiveWorx 19」で見えた“製造業×AR”の未来
IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」
ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」
ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】
IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集
スマホ上でIoTデバイスの開発、「obniz PoCキット」+Styleで販売
Society 5.0で加速する「デジタルガバメント」、クラウドこそが成否の鍵だ
「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」の応募を受付中、8月20日まで
徐々に広がる産業用IoTとエッジコンピューティング
ドローンやウエアラブル、新時代のデバイス9種を「生かし切る」3つのポイント
IoTの最先端を行き、通信の民主化を果たす――、「SORACOM Discovery 2019」開催 新サービス/デバイスの発表も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。