IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.07.07

手塚治虫が蘇る!? 人工知能クリエイターへの挑戦
コンテンツ東京2017レポート2

BY

2017年6月28日から6月30日の3日間、都内 東京ビッグサイトにて、日本最大のコンテンツビジネスの国際総合展 「コンテンツ東京2017」が開催された。

2日目となる6月29日の特別講演では、「手塚治虫がデジタルクローンで蘇る!? 漫画家AIプロジェクトメンバーによるスペシャルトークショー ~AIはクリエイティブ・コンテンツ制作をどう変えるか?~」と題して、練馬大学ロボット工学科 第7研究室の特別協力のもと、ヴィジュアリスト/手塚プロダクション取締役 手塚眞氏、公立はこだて未来大学副理事長 松原仁氏、電気通信大学 大学院情報理工学研究科 教授/人工知能先端研究センター センター長 栗原聡氏、ドワンゴ ドワンゴ人工知能研究所所長 山川宏氏が登壇した。

AI分野の中でも「クリエイティブ・コンテンツ制作×AI」領域の最新事例を交えながら、日本発の天才クリエイティブAIの可能性と意義、技術的なロードマップについて熱いトークが繰り広げられた。

世界へのインパクトが大きい「漫画家AI」

産業用や掃除用などで活用されるロボットは、与えられた仕事を確実にこなすことで人の役に立ち、今では欠かせない存在になってきている。また最近では、Pepperのように人間とコミュニケーションがとれるロボットが登場しており、IoTやAIを組み合わせることによって、より人間に近い存在に近づこうとしている。

そうしたロボットでもっとも注目されている技術がAIであり、近年ではAIを組み込んでロボットに感情を与えることができないかと試行錯誤されている。漫画家AIプロジェクトでは、この手法を用いて漫画の神様 手塚治虫氏をデジタルクローンで蘇らせることを目標としている。実現すれば、日本発のクリエイティブAIとなる。

手塚治虫氏の子息であるヴィジュアリスト/手塚プロダクション取締役 手塚眞氏(以下、手塚氏)によると、手塚治虫氏は漫画を描く際に「アイデア」「テクニック」「エモーション」「ジャッジメント」という4つの柱を常に考えていたそうだ。

ヴィジュアリスト/手塚プロダクション取締役 手塚眞氏
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

東芝デジタルソリューションズの倉庫管理ソリューション、パスコのクラウド型動態管理システム「PLS」と連携
新ゲストモード搭載で進化! 学習型IoTアルコールガジェット「TISPY2」
エレコム、Windows Server IoT 2019 for Storage搭載NAS全20製品を発表
しっぽ付きのクッション型セラピーロボット「Qoobo」【8/26体験展示】
スマホで簡単に作れるオーダーメイドインソール【8/26体験展示】
【これは】世界のメイカーズが注目するM5Stack本社に行ってきた!【勝てない】
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(番外編1)UNISONet 7つの特徴、今後と海外への展開は? ~ソナスインタビュー前編【ネット新技術】
話題の統一QR「JPQR」の実際をローンチ初日の和歌山で見てきた:モバイル決済最前線
USB充電にも対応の進化した学習型IoTアルコールガジェット「TISPY2」
アクセルラボ、不動産会社と入居者が使用できるプラットフォーム「SpaceCore」
遠隔地と“窓”で繋がる新しいビデオ通話のかたち
ビッグデータやAIを活用してドライバー不足などの問題解決 セイノーHDが長崎に拠点開設へ
トークイベントにフリマも開催!「Engadget 夏祭り」イベントレポート
仮想通貨やIoTに留まらないブロックチェーンの活用法【8/26セッション観覧募集中】
中小企業のクラウド活用を促進する日本商工会議所の思惑
なぜ「5G」がバブル気味の盛り上がりを見せるようになったのか

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。