IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.07.13

GEイメルト退任が示すIoT時代「はじまりの終わり」
IoT時代、<企業文化や組織運営>も変わる

BY

GEの最高経営者(CEO)を務めたジェフ・イメルト氏(2016年4月撮影)。(写真:AP/アフロ)

 2017年6月12日。米ゼネラル・エレクトリック社(以下、GE)は、16年間、最高経営者(CEO)を務めたジェフ・イメルト氏(61歳。以下、イメルト)が退任すると発表した。

 2011年にイメルトが提唱した「インダストリアル・インターネット」。

 お客さま企業に納入する発電機や航空機エンジンなどを無数のセンサーを介してインターネットにつなげ、稼働状況の分析(ビッグデータ解析)によって運用効率向上の提案につなげて行く。

「インダストリアル・インターネット」の概念が、企業がお客さまの成果ベースで稼ぐIoTという破壊的イノベーションのモデルとなったことは広く知られている。

 この意味合いだけでもGEのイメルトの功績は極めて大きい。

【参考】「巨大企業をなぎ倒していくIoTの凄まじい衝撃」
(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47868)

 エクスペリエンス・デザインのコンサルタントである筆者の視点で見ると、GEという成熟した大企業の「なりわい」変革を成し遂げた、まさにこのタイミングでのイメルト退任は、本格的なIoT時代到来の「はじまりの終わり」を示す象徴的な事件のように思われてならないのだ。

物言う株主(アクティビスト)vs. GEイメルト

 日本経済新聞の報道(2017年6月13日朝刊)によると、突然の退任劇はGEの株価低迷がトリガーになったようだ。

 低迷する株価が昨今話題の「物言う株主」(以下、アクティビスト)の格好の攻撃材料になっていたという。事実、GEの足元の株価は30ドル前後で停滞し、イメルト就任時(2001年)の40ドルに比べても4分の3程度に過ぎない。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も
全米最大のホームセンター「ホームデポ」が発見した“3種のスマートホームユーザー”
日本郵船が取り組む「船舶IoT」とは何か?主要システム「LiVE」「SIMS」の役割とは
エクストリームネットワークス、IoTデバイスを安全にネットワークにつなぐアダプタなどを発表 | IT Leaders
【CES Asia 2019】開幕。自動車技術の出展に日産やデンソーが初参加
マクニカ、IIoT×AIを活用したセンシングを提案

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。