IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.01.27

大辻雄介の「教育のIoT思議」 第8回:テクノロジーとリテラシー
ICTリテラシーの低さが生む教育の歪み

BY

文科省の職員が、1,700人に異動情報を誤送信

今年1月、文科省は本来1人の職員に送るはずの人事異動情報メールを、送信者が誤って全職員1,700人に送ってしまったことを公表しました。なんでもメールシステムを変更したばかりで「職員が不慣れだった」とのこと。

我々もシステムに変更があると、こういったうっかりはありますよね。さすがに人事異動情報はうっかりでは済まされませんが……。

筆者が懸念しているのは、その後の文科省の対応です。これをもって堂々と「今後、重要文書は紙でやりとりする」と対応策を発表しているのですが、そんなことで教育のICT活用は今後進むのだろうか、と心配になってしまいました。

「リスクがあるから、メールをやめる」のではなく「メールでのリスクを最小化する」という方法を検討しなければ、いつまでたってもICT活用は進みません。今回の事例で言えば文書にパスワードをかける、パスワードは別メールで送る、というお馴染みの単純な方法でも十分に防げたはずです(この方法がセキュリティ上、必ずしも効果的とは言えないという意見もあります)。

文科省は今後職員のICTリテラシーの向上に十分気を払って欲しいな、と思う次第です。

リテラシーの高さから生まれた江戸時代のメディア

テクノロジーがいくら発達しても、それを扱うリテラシーが十分に養われていないと機能しません。歴史上、こんな例があります。

15世紀のヨーロッパでは活版印刷技術が発明され、それまでの木版印刷は廃れました。テクノロジーの進化です。残念ながら日本にはその技術は伝わらず江戸時代は木版印刷のままでした。

ところが印刷技術の遅れに比して瓦版というメディア(読売とも言われる)が江戸時代の日本にはあり、一般大衆の読み物として広く浸透していたそうです。一方、ヨーロッパには一般大衆の読み物は多く存在しませんでした。

テクノロジーで後れをとる日本に瓦版というメディアが生まれ、ヨーロッパには生まれなかったのは何故か。それはひとえに識字率(リテラシー)に起因すると言われています。日本人のリテラシーが高いので、テクノロジーが遅れていてもメディアが生まれたわけです。

つまりメディアというのは「リテラシーとテクノロジーのクロスポイント」に表出するもの、と言えます。教育とICTも同じです。テクノロジーがいくら進化したところで、リテラシーが高まらなければ普及しないどころか、機能すらしません。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

イノベーション

大辻雄介の教育のIoT思議 第9回:“モノ化”するスマートデバイス

ライフスタイル

高齢者の自動車事故はIoTで防止できる

イノベーション

innovators 情熱のカラクリ 第4回:Wistiki SAS リュサト3兄弟

ライフスタイル

集中力の可視化によって仕事の“質”は上がるのか!?

IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」

ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に

狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は

今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表

レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」

ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた

アマゾンと正面対決!ウォルマートの意外な秘策とは

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】

IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集

スマホ上でIoTデバイスの開発、「obniz PoCキット」+Styleで販売

Society 5.0で加速する「デジタルガバメント」、クラウドこそが成否の鍵だ

「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」の応募を受付中、8月20日まで

徐々に広がる産業用IoTとエッジコンピューティング

ドローンやウエアラブル、新時代のデバイス9種を「生かし切る」3つのポイント

IoTの最先端を行き、通信の民主化を果たす――、「SORACOM Discovery 2019」開催 新サービス/デバイスの発表も

「IoT」はなぜガジェットを面白くしていないのか(佐野正弘)

NTT Com、IoT基盤「Things Cloud」がマルチLPWA接続に、LoRaWANとSigfoxに対応 | IT Leaders

長期利用すが必要なIoT機器の信頼性確保を支援、サイバートラストが新サービス「EM+PLS」

IoTプラットフォーム向け通信モジュールを開発

ぷらっとホーム、データ連携・利活用を自由に行えるクロスドメインIoTデータ流通基盤「DEXPF」を提供

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

イノベーション

大辻雄介の教育のIoT思議 第9回:“モノ化”するスマートデバイス

ライフスタイル

高齢者の自動車事故はIoTで防止できる

イノベーション

innovators 情熱のカラクリ 第4回:Wistiki SAS リュサト3兄弟

ライフスタイル

集中力の可視化によって仕事の“質”は上がるのか!?

IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」

ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に

狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は

今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表

レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」

ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた

アマゾンと正面対決!ウォルマートの意外な秘策とは

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】

IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集

スマホ上でIoTデバイスの開発、「obniz PoCキット」+Styleで販売

Society 5.0で加速する「デジタルガバメント」、クラウドこそが成否の鍵だ

「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」の応募を受付中、8月20日まで

徐々に広がる産業用IoTとエッジコンピューティング

ドローンやウエアラブル、新時代のデバイス9種を「生かし切る」3つのポイント

IoTの最先端を行き、通信の民主化を果たす――、「SORACOM Discovery 2019」開催 新サービス/デバイスの発表も

「IoT」はなぜガジェットを面白くしていないのか(佐野正弘)

NTT Com、IoT基盤「Things Cloud」がマルチLPWA接続に、LoRaWANとSigfoxに対応 | IT Leaders

長期利用すが必要なIoT機器の信頼性確保を支援、サイバートラストが新サービス「EM+PLS」

IoTプラットフォーム向け通信モジュールを開発

ぷらっとホーム、データ連携・利活用を自由に行えるクロスドメインIoTデータ流通基盤「DEXPF」を提供

IoTニュース

IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」
ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」
ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】
IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集
スマホ上でIoTデバイスの開発、「obniz PoCキット」+Styleで販売
Society 5.0で加速する「デジタルガバメント」、クラウドこそが成否の鍵だ
「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」の応募を受付中、8月20日まで
徐々に広がる産業用IoTとエッジコンピューティング
ドローンやウエアラブル、新時代のデバイス9種を「生かし切る」3つのポイント
IoTの最先端を行き、通信の民主化を果たす――、「SORACOM Discovery 2019」開催 新サービス/デバイスの発表も
「IoT」はなぜガジェットを面白くしていないのか(佐野正弘)
NTT Com、IoT基盤「Things Cloud」がマルチLPWA接続に、LoRaWANとSigfoxに対応 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。