IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.01.23

「Amazon Launchpad」はIoTの何を変えるのか。
製品の流通に変化がはじまる。スタートアップの製品群を買いやすく。

BY

1月18日、Amazon.co.jpがAmazon Launchpadを日本でも開始することを発表した。「Amazon Launchpadストア」でスタートアップによる製品群を紹介・販売を支援していくものだ。

Webサービスやアプリケーションなどを事業とするソフトウェア系スタートアップと異なり、IoT分野などのスタートアップはハードウェアなど「リアルなもの」をユーザーに利用してもらう必要性がでてくる(IoT Todayでも多数紹介してきたように)。

この時、最大の難関は「ユーザーに製品をどう届けるか」ということだ。スタートアップの大半は開発メンバーのみの構成が多い。自社のWebサイトにECシステムを導入しても、認知度は低く、発注後の配送や台帳管理などの手間は得意領域ではないといっていいだろう。

そこで、オンラインストアとしてすでに認知のあるAmazonの中で、ショッピング体験のあるユーザーに製品を買ってもらおうというのが、この「Amazon Launchpadストア」だ。

国内同ストアでは、現在、ウェアラブルデバイス、スマートホーム、知育・学習玩具など250を超える製品を取り扱っている。日本のスタートアップも15社以上参加している。

今回の国内ストア開始に協力をした一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会 会長 仮屋薗聡一氏は次のように話す。

「『Amazon Launchpad』は日本のIoTスタートアップが待ち望んでいたプログラムといえるでしょう。このプログラムでは、世界の顧客へのアクセスのみならず、ブランディング・プロモーションまでもAmazonよりサポート頂けます。これはものづくりに特化したスタートアップにとってのまたとない成長機会となることでしょう」

Amazonは、出版でも「Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング」で出版社を介さず、書き手が作品を発表・収益化する場を提供してきた。Webサイトで連載していたものを2011年にKindleで出版した「火星の人」(アンディ・ウィアー)は発売3カ月で3万5000ダウンロード。同書を原作にした映画「オデッセイ」は監督がリドリー・スコット、主演はマット・デイモンで大ヒットしている。

「Amazon Launchpadストア」によって、IoTスタートアップが大企業と同じように製品を多くのユーザーに届けるようになれば、もはやハードウェアも大企業だけができるビジネスとは言えなくなってくる。

Amazon Launchpadストア
http://www.amazon.co.jp/launchpad

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

日本企業を「ノキアの二の舞」にしないためにできることは?
積極的な取り組みが相次ぐ「MaaS」で日本の移動は本当に変わるのか:佐野正弘のITトレンドウォッチ
IDC Japan、国内でIoT事業を手掛ける企業の「データエコシステム」に対する取り組み状況の調査結果を発表
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第20回)単三で20年の電池寿命、最大150kbpsのIoTアプリ向けネットワーク「Milli 5」【ネット新技術】
DHT、IoTシステムの保守や連携検証などを行える月額制のマネージドサービス
製造業におけるERP-MES-FA間の「垂直統合」、代替できない“あの業務”がカギとなる
マウスコンピューター、IoT製品「スマートホーム」を販売終了
「mouse スマートホーム」の製品販売が終了 サービスも2022年6月30日終了に
2024年にセルラーIoT接続デバイスが41億個に、鉱工業、自動車が主役
意義あり? 誤解?--IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏
PTC、DX支援を鮮明に--「LiveWorx 19」で見えた“製造業×AR”の未来
IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」
ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。