2018.10.20
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録
木谷 哲夫

(きたに・てつお)京都大学産官学連携本部IMS寄附研究部門教授。マッキンゼー、メリルリンチ・キャピタルマーケット(NY)、日本興業銀行、アリックス・パートナーズを経て2007年より現職。学部・大学院での起業家教育や、社会人を対象とした技術イノベーション事業化コースなど、起業家育成プログラム全般を担当。起業家の育成方法、面白いビジネスの着想プロセス、マネジメントにおけるソフトスキルなどについて研究している。
 主な著書に『成功は全てコンセプトから始まる』(2013)、『独裁力』(2014)、『新・君主論 AI時代のビジネスリーダーの条件』(2018)など。現在の主な活動上の関心はアート×テクノロジー×エンターテイメントの領域の新事業創出と次世代の社長人材教育。

経営者はどんなときに社会的発言をするべきなのか ビジネス

経営者はどんなときに社会的発言をするべきなのか
イーロン・マスクは異常な発信の仕方でボロボロに

ビジネス 最終的にイーロン・マスク氏は謝罪したものの、マスク氏の経営者としての資質に大きな疑問符が突きつけられ… 2018.7.27
GE凋落の真因は企業のモチベーションが低下したから ビジネス

GE凋落の真因は企業のモチベーションが低下したから
「未来への問いかけ」がない会社はつまらない

ビジネス GEは20世紀には電球や洗濯機、ジェットエンジンなどを普及させることで、「人間の生活はどこまで便利になる… 2018.6.29
成功する起業家が思いを馳せる「見えない世界」 キャリア

成功する起業家が思いを馳せる「見えない世界」
目標より自分の「MDQ」を探せ

キャリア 「やむにやまれぬ関心」「心の底からの興味」は最強の動機付けとなります。そうしたやむにやまれぬ興味・関… 2018.6.15
PR
PR
米国の大学がゴールとして掲げる最強の動機付けとは ビジネス

米国の大学がゴールとして掲げる最強の動機付けとは
「アメとムチ」から「イントリンシック・モチベーション」へ

ビジネス さまざまな種類の動機付けの中で、最も強くて望ましいとされるのが「イントリンシック・モチベーション(In… 2018.6.1
日本の大企業で萌芽段階のアイデアが潰される理由 ビジネス

日本の大企業で萌芽段階のアイデアが潰される理由
既存の物差しを当てはめて「目標管理」してはいけない

ビジネス クリエイティブな仕事の評価では、既存の物差しよりも、個人の人生や組織の大義を土台とした“主観的なスト… 2018.5.4
PR
PR
PR
経営者はどんなときに社会的発言をするべきなのか
イーロン・マスクは異常な発信の仕方でボロボロに
[木谷 哲夫] 2018.7.27
GE凋落の真因は企業のモチベーションが低下したから
「未来への問いかけ」がない会社はつまらない
[木谷 哲夫] 2018.6.29
成功する起業家が思いを馳せる「見えない世界」
目標より自分の「MDQ」を探せ
[木谷 哲夫] 2018.6.15
PR
米国の大学がゴールとして掲げる最強の動機付けとは
「アメとムチ」から「イントリンシック・モチベーション」へ
[木谷 哲夫] 2018.6.1
日本の大企業で萌芽段階のアイデアが潰される理由
既存の物差しを当てはめて「目標管理」してはいけない
[木谷 哲夫] 2018.5.4
誰にでも「リーダーたれ」に疲れてきた米国人
見直されてきた「フォロワーシップ」
[木谷 哲夫] 2018.4.19
PR
「主体的な選択」の意識がないといつまでも服従者だ
フォロワーシップが不足する日本企業
[木谷 哲夫] 2018.4.6
異動初日のマネージャーが絶対やってはいけないこと
中間管理職はなぜダークサイドに堕ちるのか?
[木谷 哲夫] 2018.3.22
「社畜予備軍」と「未来の社長」を分けるもの
あなたは権力を「悪いもの」と捉えていないか?
[木谷 哲夫] 2018.3.9
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR