2016.8.10 視聴時間 03:20
世界一安全な国を目指そう!~警察のハイテク化、情報収集能力の向上、国際化を!~100の行動78

GLOBIS知見録の新着記事はこちらから
アプリウェブ
最新情報もお届けしています
FacebookTwitter

<100の行動78>
世界一安全な国を目指そう!~警察のハイテク化、情報収集能力の向上、国際化を!

1.IT化、社会構造の変化に対応する「ハイテクKOBAN」を!
日本はサイバースペースにおける犯罪察知・抑止機能が脆弱。ネット上の行動履歴の監視を強化する必要がある。また、交番機能を補完するため、街頭カメラの設置も積極的に進める必要がある。それらの画像・データを人工知能と結び付けた「ハイテクKOBAN」の設置を提案する。

2.警察の情報収集能力を向上させ、国際的な連携を強化せよ!海上保安庁、法務省入国管理局と警察による「国境警備本部」の創設を!
国際テロから国民の生命・財産と公共の安全・秩序を守るため、警察の対テロ能力を強化することは極めて重要。次の3つの取り組みが必要である。1. 国内諜報機関を強化し、対テロにおいて必要な情報収集を行う。2.国内外の諜報機関との連携を強化し、テロ対策上必要な多くの情報を集約する。3.水際対策強化のため、国境警備本部を設置し、出入国管理を行う。

3. 警察資源の選択と集中を進めよ!交通部門は警察組織から外部化し、捜査部門の能力強化と近代化を進めよ! 欧米では、200~300人に対して警察官一人だが、日本は500人あたり一人となっており、約半分。打開策は、「選択と集中」と「外部化」。駐車違反の取り締まりを外部化したように、交通部門に関しては警察組織から外して、外部化するのが一案。いずれにせよ警察組織の近代化が急務である。警察のハイテク化、情報収集能力の向上、国際化により、日本を「世界一安全な国」として、世界に誇れるようにしたいと思う。

スピーカー
堀 義人/グロービス経営大学院 学長

(肩書は2016年7月のもの)

記事ページはこちら
http://100koudou.com/?p=1830

書籍『日本を動かす「100の行動」』

RANKINGランキング
RECOMMEND MOVIESおすすめ動画