特集 新都市宣言

IBM、グーグル、インテルなどが続々参戦

クリーンエネルギーで世界の覇権を取れ!~(5)

2010.09.21(Tue) 一尾 泰啓

エネルギー戦略

upperline

今回はクリーンエネルギー産業の特徴を分析します。近年、産業としてのクリーンエネルギーは、新興産業として目覚ましい成長を遂げています。

この6年間で投資額は約4倍に膨れ上がった

 産業の規模を確認するに当たって、1つの指標として、2004年以降世界のクリーンエネルギー産業に投融資された金額を見てみます(図20)。

 Bloomberg New Energy Finance によりますと、世界のクリーンエネルギーへの投資・融資額の総額は、2004年は460億ドル(4兆1400億円)でしたが、2009年は若干世界同時不況の影響は受けたものの、それでも2007年を上回る1620億ドル(14兆5800億円)に達しました。

 この6年間で、クリーンエネルギー産業に投入された資金規模が約4倍に膨れ上がったのです。短期間に、この規模で、これだけ高い成長を遂げた産業が過去あったでしょうか?

 確かに、産業としてはまだ生まれたばかりですが、クリーンエネルギービジネスなんて、まだまだ先の話でしょ? といった概念は、少なくとも変える必要があるのは、このデーターを見ると明らかです。

IBMやグーグル、インテルなどのIT企業が続々参入

米IBMが企業向けWebメールサービス開始、Googleに対抗

エネルギー産業に事業を伸ばす米IBM〔AFPBB News

 では、クリーンエネルギー産業で活動している企業の顔ぶれを見てみましょう。

 主に化石燃料ベースのエネルギー供給を担ってきた石油会社・電力会社など、いわゆる従来のエネルギー企業である古株に加え、米国のIBM、グーグル、インテルなどの大手IT企業がクリーンエネルギー市場に新規参入しているのです。

 前回、クリーンエネルギーの普及の課題の1つにコストを挙げましたが、その解決策の1つが、大幅なコストダウンを実現する革新的なクリーンエネルギー技術の開発です。

 このクリーンエネルギーの普及の鍵を握る技術開発の領域で、IT企業は彼らの持つITとET(Energy Technology)との融合を狙って、クリーンエネルギービジネスで勝負をしようとしているのです。

 例えばIBMは、自社の持つシミュレーション・モデリング・分析ツールやシステムネットワーク構築・運営能力などのITを活用して、スマートグリッド事業を積極的に展開しようとしています。

1
nextpage

このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 新都市宣言



facebook Comments

関連キーワード検索


underline
昨日のランキング
直近1時間のランキング

当社は、2010年1月に日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報について適切な取り扱いがおこなわれている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得いたしました。

プライバシーマーク