米フェイスブックが4月23日に発表した1~3月期の決算は広告事業が好調で、売上高、純利益ともに大幅に増加した。

広告収入82%増、モバイルの比率が59%に

FBのザッカーバーグCEO、13年の給与「1ドル」だが&

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)〔AFPBB News

 売上高は、1年前から71.6%増の25億200万ドル。純利益は同2.9倍の6億4200万ドル。また特別項目を除いた場合の純利益は8億8500万ドル、1株当たり利益は0.34ドルで、売上高とともに市場の予測を上回った。

 売上高の内訳は、「ネット広告」が22億6500万ドル、ソーシャルゲームのアプリ課金手数料などの「ペイメント」が2億3700万ドル。

 収益の柱となっているネット広告は、1年前から82%増加した。またネット広告全体に占めるモバイル向け広告の比率は約59%になった。この比率は、1年前の約30%、前の四半期の約53%から拡大している。

 ちょうど1年前、同社はモバイルへの対応の遅れが指摘されていた。利用者の大半がパソコンからスマートフォンやタブレット端末に移行する中、同社のモバイル向け広告は伸び悩み、その成長性が疑問視されていた。

 だが、そうした問題はすっかり解消したようだ。

 今年3月末時点における月間利用者数は、前年比15%増の12億8000万人だったが、このうちモバイル端末経由の月間利用者数は10億1000万人と、初めて10億人の大台を突破した。モバイル端末経由の月間利用者数の伸び率は34%で、全体の伸び率を上回っている。