特集 新都市宣言

絶望的な公害のまちに星が降り注いだ日

奇跡の環境都市、北九州の半世紀(前篇)

2010.07.12(Mon) 鶴岡 弘之

エネルギー戦略

upperline

北九州市(福岡県)がなぜ世界有数の環境都市になれたのか──。それを知るためには、時計の針を半世紀近く巻き戻さなければならない。

 今をさかのぼること四十数年前の映像だ。

 1960年代半ばの北九州。長屋の一角のような小さな家の中の様子が映る。部屋には扇風機が置いてある。買ってからまだ2カ月しか経っていないというのに、その羽根は黒く汚れていて、べとべとである。

 近所の工場の煙突から出た煤煙が部屋の中まで入ってきて、扇風機の羽根にこびりついているのだ。

 「この羽根が家の中の空気をかき回すかと思うと、もう北九州にはいたくないと思います。でも、この住宅事情ではおいそれと家はなく、出ていくことはできません」──。女性の悲痛なナレーションの声が耳に響く。

 これは、ある記録映画のワンシーンだ。タイトルは「青空がほしい」。北九州の工場周辺に住む主婦たちが自主制作でつくった8ミリ映画である。制作されたのは1965年。公害がエスカレートし、住民たちの健康を、いや、生命を脅かしていた頃だ。

 明治時代に富国強兵政策のもと、北九州に官営八幡製鉄所が設立され、日本の近代化の拠点となったのはご存じの通り。その後、北九州には製鉄、化学、機械など重厚長大産業の工場が密集し、「4大工業地帯」の1つと数えられた。

1960年代の北九州の空(写真提供:北九州市)
拡大画像表示

 だが、戦後になって高度経済成長の波に乗り繁栄を謳歌する一方で、公害という深刻な病いに侵されることになった。

 林立する煙突からは煤塵、煤煙、亜硫酸ガスなどが吐き出され、周辺住民の上に降り注いだ。ぜんそくや扁桃腺炎にかかる住民があとを絶たなかった。

 海や川は壊滅状態だった。工場から強酸性の汚水が流れ込んだ洞海(どうかい)湾は、魚はおろか大腸菌さえも棲めず、「死の海」と呼ばれた。船のスクリューまでもが腐食して溶けたという。まちの中心を流れる紫川にも、油や薬品を含む工場排水が流れ込んだ。川底にはヘドロがたまり、異臭が漂っていた。

5000人の海外研修者が北九州で学んでいった

 そんな絶望的とも言える公害のまちで、住民たちはまさに生きるか死ぬかという思いで、生活環境の改善を希求した。その追いつめられたエネルギーがうねりとなって企業と行政を突き動かし、まちの姿を変えていくことになる。

1
nextpage

このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 新都市宣言



facebook Comments

関連キーワード検索


underline
昨日のランキング
直近1時間のランキング

当社は、2010年1月に日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報について適切な取り扱いがおこなわれている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得いたしました。

プライバシーマーク