アップルの7~9月期、3四半期連続減益もまずまずの結果

新製品ラッシュの10~12月期に期待

2013.10.30(水) 小久保 重信
    http://goo.gl/atPstM
1
nextpage

米アップルが28日に発表した7~9月期の決算は、純利益が75億1200万ドルとなり、1年前の82億2300万ドルから9%減少した。純利益の前年割れは3四半期連続。この四半期はタブレット端末「アイパッド(iPad)」が新製品投入前の販売減速期にあたり、台数が伸びなかった。

 またアイパッドの廉価モデル「ミニ」が登場したのは昨年の10~12月期で、1年前はこれがなかった。アップル製品はこの1年で低価格端末への移行が進み、利益率が低下した。

iPhoneの販売台数は26%増

「廉価版」iPhone5C、中国市場で約7万円 高過ぎと不満

売上高の半分以上を占める「アイフォーン」は好調で、新モデル「5s」と「5c」の今後に期待がかかる〔AFPBB News

 ただ、売上高の半分以上を占める主力の「アイフォーン(iPhone)」は好調だ。これにより売上高は1年前から4%増の374億7200万ドルとなり、7~9月期としては過去最高を更新した。

 7~9月期のアイフォーンの販売台数は3379万7000台で、同26%増えている。アイフォーンの売上高も同17%増加した。

 このほかの製品の販売台数を見ると、アイパッドは1407万9000台で、1年前とほぼ同じ。パソコンの「マック(Mac)」は同7%減の457万4000台。携帯型メディアプレーヤーの「アイポッド(iPod)」は同35%減の349万8000台だった。

 そうした中、アップルは1年間で売り上げが最も伸びる10~12月期に期待している。というのも同社がアイフォーンの新モデル「5s」と「5c」を発売したのは今年の9月20日で、今回の決算ではこれら2モデルの販売実績がわずか9日分しか反映されていないからだ。

 また同社は先週、新型アイパッドを2モデルと、ノートパソコン「マックブックプロ(MacBook Pro)」の新モデル、そしてプロ向けデスクトップパソコン「マックプロ(Mac Pro)」を発表しており、この10~12月期は新製品ラッシュとなる。

 さらに同社はモバイル端末の基本ソフト(OS)「iOS 7」とパソコン向けOS「OS X Mavericks(マーベリックス)」をリリースし、オフィスソフトウエア群「iWork」とデジタルライフソフトウエア群「iLife」の無料化も決めており、これらの相乗効果が見込めると考えている。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

ニューズフロント社長。1961年生まれ。翻訳者、同時通訳者を経て、1998年から日経BP社のウエブサイトでIT関連の記事を執筆し始めた。 2000年にニューズフロントを設立。英語力の豊かなIT専門記者を育成すると同時に、独自に海外ニュースの速報事業を展開している。2003年に国内ニュースの配信にも進出した。

IT最前線

刻一刻と変化するITの世界。米国だけでなく世界中で起きている最新の情報を海外の有力メディアからピックアップし、この世界に詳しい筆者が鋭い分析を加えてお送りする。

>>最新記事一覧へ