Digital Experience! TOP>JBpress>マーケティング道場

宣伝部長、海外カンファレンスには行きますか? 行かせますか?

ad:techサンフランシスコに参加して考えたこと

2013.05.15(水) 本間 充
    http://goo.gl/yPa7q
1
nextpage

 ここまで4回にわたり、宣伝部長に使っていただきたいインターネットのサービスを紹介してきた。インターネットのサービスが、実際のマーケティングや顧客理解に非常に有効なことを感じた方も多かったと思う。インターネットのサービスの開発は止まるものではないので、今後も適宜取り上げていくつもりだ。

海外のマーケティングカンファレンスに参加しないのはなぜ?

ad:tech San Francisco の会場風景(筆者撮影、以下同)

 今回は、4月9~10日に行われた「ad:tech San Francisco 2013」の参加報告として、私が感じたことをまとめてみたいと思う。

 ad:techはマーケティングのカンファレンスで、その名前はアドバタイジング テクノロジー(advertising technology)に由来する。マーケティングを仕事にしている人であれば、気になるカンファレンスの1つだろう。

 日本でも、6月に「ad:tech Kyushu」が福岡で、9月に5回目となる「ad:tech Tokyo」が開催される予定である。

 なぜ日本でも開催されているカンファレンスに、私がサンフランシスコまで行ったのかというと、もちろんコンテンツが異なるからである。そして、日本よりも進んでいる米国の状況を自ら確認したいからだ。

 デジタルマーケティングの領域でアメリカが進んでいることは、ほとんどの日本人が認める事実であろう。であれば、米国に直接行って最新の話を聞く、米国のマーケティング関係者に会って直接話すのは当然のことである。

 ところで、多くの広告主、つまりマーケティングに携わる人々が海外のマーケティングカンファレンスに参加できているかというと、答えは「ノー」である。そこで宣伝部長に問いたい。

Q1:あなたは、自分の会社のデジタルマーケティングを推進させたいですか?

 答えは「イエス」だと思う。もし「ノー」と答えるのであれば、今やっている事業を終了させるつもりか、極めてターゲットが少ない領域でのマーケティングに絞っているかだろう。だから、多くの方が「イエス」と答えたとして、次の質問に進もう。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

 

本間 充 Mitsuru Honma

 

1992年、花王に入社。1996年まで、研究所に勤務。研究所では、UNIXマシーンや、スーパー・コンピューターを使って、数値シミュレーションなどを行う。研究の傍ら、Webサーバーに遭遇し、花王社内での最初のWebサーバーを立ち上げる。1997年から研究所を離れ、本格的にWebを業務として取り組み、1999年にWeb専業の部署を設立した。花王のWebを活用したマーケティングに取り組み続け、現在は、デジタルコミュニケーションセンター 企画室長を務めている。新しいWebのコミュニケーションの検討・提案や、海外花王グループ会社のWeb活用の支援、またB2B領域のサイトの企画まで、広く花王グループのWebのコミュニケーションに関わっている。Ad Tech Tokyo 2009, Ad Tech Singapore 2010等でも講演。

社外においては、公益社団法人・日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会の代表幹事を、2011年から務めている。
北海道大学卒業、数学修士。日本数学会員オープン・モバイル・コンソーシアム メンバー

マーケティング道場

現在のマーケティングの課題、デジタルマーケティングの最新手法、マーケティング投資の考え方とは? 確実に顧客に届き、アクションを促す新しいマーケティングのあり方を探る。

>>最新記事一覧へ