今年はウエアラブル端末がヒットする年?

アップル、MS、サムスンが開発中と海外メディアが報じる

2013.04.23(火) 小久保 重信
    http://goo.gl/QPxdy
1
nextpage

米国の調査会社チェンジウェーブ・リサーチが北米の消費者1713人を対象に行ったアンケート調査によると、米アップルが今年にも発売すると言われている腕時計型端末を購入したいと考えている人が、すでに19%に達しているという。

腕時計型端末「スマートウオッチ」の時代、いよいよ到来か

時計も情報端末に。写真はソニーが発表したもの〔AFPBB News

 「アイウォッチ(iWatch)」などと報じられているこの端末は、アイフォーンやアイパッドなどと連動し、電話をしたり、テキストメッセージを送ったりできるほか、アップルの音声アシスタント機能「シリ(Siri)」にも対応する。各種のセンサーを備え、利用者の健康管理にも使えるとされている。

 チェンジウェーブ・リサーチはこうした端末の潜在需要が果たしてどの程度あるのかを調べるためにアンケートを行った。それによるとこのアイウォッチなる製品を購入する可能性が「非常に高い」と答えた人の割合は5%で、「やや高い」という人は14%だったという。

 この数字をどう見るかというヒントを同社は示している。例えばアップルがアイパッドを発売する前の2010年1月に行った同じような調査では、可能性が「非常に高い」という答えは4%、「やや高い」は14%だった。チェンジウェーブ・リサーチはアップルのパソコンに関しても同様の調査を2005年に行っており、その時の回答は「非常に高い」と「やや高い」がそれぞれ4%と14%だった。

 もちろん単純に比較はできないが、今回の調査結果は、これら昔の調査と傾向が同じというわけだ。いずれもその後にアップルの大ヒット商品になったことを考えると、アイウォッチはアップルの新たな看板商品になる可能性があるとチェンジウェーブ・リサーチは予測している。

米有力紙が、アップルの開発計画を報道

 アップルはこのアイウォッチについてまだ発表もしておらず、その存在さえも認めていない。ただしもしこれが本当に存在するとすれば、アップルに対する消費者や市場関係者の期待は高まっており、アップルはそれに応えるため製品の完成度を相当に高めなければならないと指摘されている。

 なおこのアイウォッチについては、今年2月に米ニューヨーク・タイムズや米ウォールストリート・ジャーナルが事情に詳しい関係者の話として報道している。それによると、アイウォッチは曲面ガラスを採用した端末で、基本ソフト(OS)はアイフォーンの「iOS」をベースにしている。

 タブレット端末用のディスプレイガラスを製造している米コーニングが昨年「ウィロー・ガラス」と呼ぶ、紙のように自在に曲げられるフレキシブルガラスを発表しており、アイウォッチのような製品を実現させる技術基盤は整いつつあると言われている。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

ニューズフロント フェロー。1961年生まれ。翻訳者、同時通訳者を経て、1998年に日経BP社のウェブサイトで海外のIT関連記事を執筆し始めた。2000年にニューズフロントを共同設立し、海外ニュースの速報事業を統括。現在は同社のフェローとして活動し、JBPress(日本ビジネスプレス)、日経BP社ITproでコラムを執筆中。連載記事執筆媒体には、ダイヤモンド・リテイルメディア「ダイヤモンド・チェーンストア誌(月刊アマゾン)」もある。著書『ITビッグ4の描く未来』(日経BP社)

IT最前線

刻一刻と変化するITの世界。米国だけでなく世界中で起きている最新の情報を海外の有力メディアからピックアップし、この世界に詳しい筆者が鋭い分析を加えてお送りする。

>>最新記事一覧へ