Digital Experience! TOP>JBpress>マーケティング道場

企業ウェブ・グランプリにおける“相互評価”の効用

デジタルマーケティング担当者の技量・貢献度の評価方法

2013.02.06(水) 本間 充
    http://goo.gl/Cz7su
1
nextpage

 私も企業の中では普通のサラリーマンである。人に認められたい「承認欲求」もある。そして、自分はこのような人間になりたいという夢もある。これらのバランスを取りながら、自己研鑽、企業内活動、私的な活動を行っている。

 ところで、デジタルマーケティングの関係者は自己研鑽と企業内活動が非常に結びつきやすい。なぜならデジタル領域では勉強することが多いからだ。そして自分で自分に投資した量が多いがゆえに、企業内評価や、企業貢献に対する欲求も当然ある。

 勉強したことが評価され、自分でも会社に貢献したという満足にきちんと結びついている人はいいのであるが、中には疑問を持っている人もいるかもしれない。今回はこの関係と人事評価について考えたいと思う。

従来の技術革新を凌駕する速度で進化するデジタルマーケティング

 2013年は、HTMLという規格が発表されてから20年という節目にあたる(ウィキペディア参照)。このHTMLという言語なくしては、ウェブの存在も、デジタルマーケティングの発展もなかったかもしれない。

 HTMLの規格が発表された1年後には、ウェブの規格について検討するW3Cというコンソーシアムが作られた。

 HTMLが登場してから約20年の間に、HTML自体の進化やコンピューターの性能向上により、ウェブやデジタルマーケティングは大きく進化した。こんなに短い期間でこれほど表現技術が進化したことは非常な驚きである。

 私たちが経験したテレビの歴史は、日本では約60年程度である。その間の大きな技術の変化は、白黒テレビ、カラーテレビ、デジタル化と大きく3回あった。でも、60年で3回なのである。

 一方、ウェブ空間では、この20年の間にテキストと画像だけの組み合わせから、音声、映像が取り扱えるようになるなど表現形式が増えた。

 また、20年前には電子商取引は想像できなかったが、今では多くの銀行がインターネットを使ったサービスを提供しているし、航空券のインターネット予約なども普及している。

 このように進化の早いウェブであるが、そのことはW3Cの活動にも明確に記述されている。「ウェブは、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、言語、文化、場所等の違いや、身体的、精神的能力にかかわらず、すべての人に提供されるべきものである」というのが、W3Cの命題なのである。

 事実、この命題を満たすために、HTMLの規格自体もHTML5という新たな規格を作り、多くのハードウェアで多様な表現ができるようになっている(参照:「HTML5がメディアにもたらすインパクトを読み解く」)。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

 

本間 充 Mitsuru Honma

 

1992年、花王に入社。1996年まで、研究所に勤務。研究所では、UNIXマシーンや、スーパー・コンピューターを使って、数値シミュレーションなどを行う。研究の傍ら、Webサーバーに遭遇し、花王社内での最初のWebサーバーを立ち上げる。1997年から研究所を離れ、本格的にWebを業務として取り組み、1999年にWeb専業の部署を設立した。花王のWebを活用したマーケティングに取り組み続け、現在は、デジタルコミュニケーションセンター 企画室長を務めている。新しいWebのコミュニケーションの検討・提案や、海外花王グループ会社のWeb活用の支援、またB2B領域のサイトの企画まで、広く花王グループのWebのコミュニケーションに関わっている。Ad Tech Tokyo 2009, Ad Tech Singapore 2010等でも講演。

社外においては、公益社団法人・日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会の代表幹事を、2011年から務めている。
北海道大学卒業、数学修士。日本数学会員オープン・モバイル・コンソーシアム メンバー

マーケティング道場

現在のマーケティングの課題、デジタルマーケティングの最新手法、マーケティング投資の考え方とは? 確実に顧客に届き、アクションを促す新しいマーケティングのあり方を探る。

>>最新記事一覧へ