Digital Experience! TOP>JBpress>マーケティング道場

任天堂復活にみるソーシャルメディアの使われ方

ソーシャル化する社会が世界を大きく変え始めた(24)

2013.01.10(木) 小川 和也
    http://goo.gl/3CqnL
1
nextpage

 2013年が幕を開けた。

 今年はソーシャルメディア、デジタルテクノロジーにどのような進化が起こり、それが社会へどのような影響を及ぼすことになるのだろうか。

ソーシャルメディアを味方にするために必要なことは何か

 以前、こんなエピソードがあった。

 初めて利用したある飲食店にて、食事終了後にそのオーナーと雑談する機会があった。そのお店のオーナーはなかなかの職人気質な方で、食材の調達にとてもこだわり、それを丹念に実践していた。実際とても美味しいお店で、そのクオリティの高さは味という一番分かりやすい形でくっきりと浮かび上がっている。

 その雑談のふとした流れで、「最近はクチコミサイトやツイッターみたいなもので評判が一人歩きし、中には半ば嫌がらせのような書き込みや事実と違う毀損を一方的にされるような飲食店もあり、厄介な時代になったものですよね」とオーナーが漏らした。

 どうも、同業者の間でしばしばその手の話題になるらしい。 その方は、そもそもネット自体は門外漢であるものの、最近はその価値も十分に認めてはいることを付け加えていた。

 「ネットの力は認めたところで、結局はいかに美味しい料理を出すか、それに尽きるんですよね」

 このお店は、さほど宣伝もしていないし、立地もよろしくないものの(というよりむしろ悪い)、かなりの繁盛店になっている。その鍵となっているのが、実際に足を運んだお客の好意的なクチコミであることを、オーナーも十分に認識している。

 あれからさらにソーシャルメディアを利用する人の数もアクティビティも増している中で、あのお店は相変わらず特に自店のソーシャルメディアアカウントを持たずに、しかしソーシャルメディアを味方につけて人気店であり続けている。

 料理の美味しさとそれに対するお店の真摯なスタンス、顧客へのホスピタリティそのものが、ソーシャルの中で“勝手に”伝搬されている状態だ。このお店は自らのソーシャルメディア活用こそまだ未着手だが、それでもとても「ソーシャル的」だと、僕は感じている。

任天堂にとって「塞翁が馬」だったソーシャルメディア

 年初に、重要なことを示唆している任天堂の岩田社長のインタビュー(参照:1月6日付 日本経済新聞「ソーシャル革命の裏側:任天堂・岩田社長が語る“本当の”ソーシャルゲーム」)が公開された。

 スマートフォンとソーシャルゲームに押され、2012年3月期に決算公表以来初の営業・最終赤字に転落した任天堂。かつては好業績企業の代表格であった任天堂が、スマートフォンとソーシャルゲームの想像以上の勢いの煽りを受け苦境に陥っていた。だが、ここにきて好調の潮目を見せているというのだ。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

Kazuya Ogawa

アントレプレナー / デジタルマーケティングディレクター / 著述家
西武文理大学特命教授

小川和也オフィシャルサイトはこちら

慶應義塾大学法学部卒業後、大手損害保険会社勤務を経て、2004年グランドデザイン&カンパニー株式会社を創業、代表取締役社長に就任。数々のITベンチャービジネスや、デジタルマーケティングディレクターとして大手企業や行政、アーティスト等の先端的デジタルマーケティング事例を数多くつくり続けている。

ビジネスだけではなく、デジタルと人間や社会の関係の考察と言論活動を行っており、著書、寄稿、講演、メディア出演多数。主な著書に、「デジタルは人間を奪うのか」(講談社現代新書)、日本で初めての概念をテーマとした「ソーシャルメディアマーケティング」(共著・ソフトバンククリエイティブ)、「ソーシャルメディア維新」(共著・毎日コミュニケーションズ)、「Facebookマーケティング」(共著・ソフトバンククリエイティブ)、「ソーシャルブランディング」(共著・インプレスジャパン) など。

マーケティング道場

現在のマーケティングの課題、デジタルマーケティングの最新手法、マーケティング投資の考え方とは? 確実に顧客に届き、アクションを促す新しいマーケティングのあり方を探る。

>>最新記事一覧へ