Digital Experience! TOP>JBpress>マーケティング道場

ソーシャルメディアは「たかが手段、されど手段」

ソーシャル化する社会が世界を大きく変え始めた〜第23回

2012.12.27(木) 小川 和也
    http://goo.gl/vOCtW
1
nextpage

2012年、様々な局面でソーシャル化する社会の現象が見られたことは前回述べた通りだ。

 政治、経済、スポーツ、我々の日常生活・・・。それぞれが何らかの形でソーシャルメディアの影響を多かれ少なかれ受け始めていることを、もはや否定することが難しくなった。

 2012年は、それを「否定することが難しくなった」節目の感がある。

政治におけるソーシャルメディア活用の効果とは

 『衆院解散、"ソーシャル選挙"は日本に上陸するか』でも言及していた通り、今回の総選挙を経て、早速インターネットを使った選挙運動の解禁に向けた機運が高まった。

韓国で「ネット選挙運動」解禁、経済的で公平と憲法裁判所が判断

韓国では今年1月にSNSを使った選挙運動が解禁された〔AFPBB News

 自民党の安倍晋三総裁は12月12日、「次の選挙までにネット選挙は解禁すべきだ」と強調し、来年の参院選までにネットでの選挙運動を規制している公職選挙法の改正を目指す考えだという。

 それが実現されれば、選挙のソーシャル化も本格化していくであろう。

 こうして「ソーシャル化する社会」の潮流が顕著となる中で、取り違えてはいけないことがある。「ソーシャル化する社会」は、すなわちソーシャルメディアが多用される社会を意図しているわけではないということだ。

 例えば政治、とりわけ選挙におけるソーシャル化とは何なのだろうか。

 今回の総選挙に際して、選挙運動以外での日常的なソーシャルメディア活用の巧拙の差が政治家ごとにあったと感じている。

 もちろん、選挙においては多種多様な勝敗ファクターが複雑に絡み合っているし、現状ではその差そのものが選挙結果を抜本的に左右するところまでは至っていないと思われる。

 とはいえ、ソーシャルメディア活用の巧拙と選挙結果の相関は既に表れ始めたと考えているし、その相関は将来にわたり大きくなっていくと考えている。

 だからといって、ソーシャルメディア活用そのものが「政治、選挙のソーシャル化」だとは捉えていない。辻立ちや講演会・パーティ、様々な政治広告等の中にソーシャルメディア活用が新たに持ち込まれた場合、有権者と政治家に新たな価値がもたらされる。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

Kazuya Ogawa

アントレプレナー / デジタルマーケティングディレクター / 著述家
西武文理大学特命教授

小川和也オフィシャルサイトはこちら

慶應義塾大学法学部卒業後、大手損害保険会社勤務を経て、2004年グランドデザイン&カンパニー株式会社を創業、代表取締役社長に就任。数々のITベンチャービジネスや、デジタルマーケティングディレクターとして大手企業や行政、アーティスト等の先端的デジタルマーケティング事例を数多くつくり続けている。

ビジネスだけではなく、デジタルと人間や社会の関係の考察と言論活動を行っており、著書、寄稿、講演、メディア出演多数。主な著書に、「デジタルは人間を奪うのか」(講談社現代新書)、日本で初めての概念をテーマとした「ソーシャルメディアマーケティング」(共著・ソフトバンククリエイティブ)、「ソーシャルメディア維新」(共著・毎日コミュニケーションズ)、「Facebookマーケティング」(共著・ソフトバンククリエイティブ)、「ソーシャルブランディング」(共著・インプレスジャパン) など。

マーケティング道場

現在のマーケティングの課題、デジタルマーケティングの最新手法、マーケティング投資の考え方とは? 確実に顧客に届き、アクションを促す新しいマーケティングのあり方を探る。

>>最新記事一覧へ