弱まる「ウィンテル」の影響力

インテル・MS同盟の亀裂広がる

2012.09.07(金) 小久保 重信
    http://goo.gl/xfz7E
1
nextpage

米国の市場調査会社IHSアイサプライが今週まとめた調査によると、世界のコンピューター市場は、スマートフォンやタブレット端末の普及、あるいはタブレット端末の影響でパソコンが変化していることで、勢力図が急速に変化している。

 とりわけ、かつて「ウィンテル(Wintel)」と呼ばれ、世界のパソコン市場を支配してきた米インテルと米マイクロソフトは、その市場支配力を失いつつあるという。

インテルとMSのシェアが低下

インテル、第4四半期の業績見通しを下方修正 タイ洪水で

スマートフォン市場に乗り遅れたインテル〔AFPBB News

 IHSアイサプライは、スマートフォン、タブレット端末、パソコンを合わせた市場を「新しいコンピューター市場」と呼んでいる。この市場では、昨年41%だったインテル製マイクロプロセッサーのシェアは2016年には29%に低下する見通し。

 またマイクロソフト製基本ソフト(OS)のシェアは同じ期間に44%から33%に低下するという。これに対し市場規模は2016年までに2倍に拡大すると予測している。

 IHSアイサプライによると、インテルとマイクロソフトのシェアが低下する要因は、両社がスマートフォンとタブレットの市場で後れを取っていることにある。

 例えば、今年のスマートフォンの出荷台数は6億5500万台に上り、モバイルパソコンのほぼ3倍に達すると同社は予測しているが、これまでのところスマートフォン市場におけるマイクロソフトOSのシェアはわずか2%程度。

 またスマートフォン向けプロセッサーの大半は英アームホールディングスの基本設計「ARM」が占めており、インテルの売上高ベースのシェアは6~8%程度にとどまっている。

 一方タブレットは出荷台数が2016年に3億1100万台となり、モバイルパソコンの3億2200万台に匹敵する規模になると予想されるが、こちらも市場を支配しているのは低消費電力・低価格のARMプロセッサー。

 ARMを採用する米エヌビディア、米クアルコム、米テキサス・インスツルメンツが主力メーカーとなっており、インテルは蚊帳の外に置かれているという状況。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

ニューズフロント社長。1961年生まれ。翻訳者、同時通訳者を経て、1998年から日経BP社のウエブサイトでIT関連の記事を執筆し始めた。 2000年にニューズフロントを設立。英語力の豊かなIT専門記者を育成すると同時に、独自に海外ニュースの速報事業を展開している。2003年に国内ニュースの配信にも進出した。

IT最前線

刻一刻と変化するITの世界。米国だけでなく世界中で起きている最新の情報を海外の有力メディアからピックアップし、この世界に詳しい筆者が鋭い分析を加えてお送りする。

>>最新記事一覧へ