Digital Experience! TOP>JBpress>マーケティング道場

ロンドン五輪が花を咲かせたスポーツのソーシャル化

ソーシャル化する社会が世界を大きく変え始めた(13)

2012.08.02(木) 小川 和也
    http://goo.gl/Q1SaV
1
nextpage

 ロンドンオリンピック2012が開幕し、各種競技で連日熱戦が繰り広げられている。日本初の金メダルを柔道女子57キロ級の松本薫が獲得した瞬間から、僕のツイッターのタイムラインやフェイスブックのニュースフィードは、それをたたえ、喜びを共有し合う投稿で埋め尽くされた。

SNSで楽しむオリンピック。「ソーシャリンピック」という造語も

松本が金メダルを獲得、柔道女子57キロ級

ロンドン五輪、柔道女子57キロ級の表彰式で金メダルを手に笑顔を見せる松本薫選手〔AFPBB News

 競技や選手に関するニュースもさることながら、今回のオリンピックにおけるトピックとして目立つのが、フェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアが大規模に活用される初めてのオリンピックであるということだ。

 こういうトピックを表現する時にはつきものの造語(SocialとOlympicsを掛け合わせた「ソーシャリンピックス」)も生まれ、実際のところ、世界中の観衆、スポンサー企業ともども、ソーシャルメディアをオリンピックへの重要な参加手段と見なし始めている。

 そしてその現象自体があちらこちらのメディアでネタ化し、ロンドンオリンピックにおけるスポンサー企業のソーシャルメディア活用度を数値化、ランキングを日々発表する THE LONDON 2012 SOCIAL SCOREBOARD というものまで登場している。

 確かに、ソーシャルメディアとその利用を支えるスマートフォンの普及率の高さは過去のオリンピックにはなかったものであり、その点ではロンドンオリンピックが「スポーツのソーシャル化」というパラダイムシフトを明示する記念すべきイベントになったことは間違いない。

 一方、「スポーツのソーシャル化」はこのロンドンオリンピックによって顕著にはなったものの、ロンドンオリンピックによって実現されたわけではない。

 もともと、2000年代半ば頃からブログ、2000年代後半からはツイッターやフェイスブックで多くのスポーツ選手がソーシャルメディア内で情報発信やファンとの交流を行うようになり始めていた。

 2010年にツイッターを始めたブラジルのサッカー選手であるカカは、世界最多の1200万人を超えるフォロワー(2012年7月30日時点)に直接情報発信を行っているが、そのような有名選手に限らず、またプロ・アマチュア問わず、いまや数えきれないくらい多くのスポーツ選手がソーシャルメディアに参加している。

 また、大・中・小各規模のスポーツ大会やスポーツ団体も同様だ。その下地がある中でロンドンオリンピックが開催されたからこそ、“ソーシャリンピックス”も成立するわけだ。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

Kazuya Ogawa

アントレプレナー / デジタルマーケティングディレクター / 著述家
西武文理大学特命教授

小川和也オフィシャルサイトはこちら

慶應義塾大学法学部卒業後、大手損害保険会社勤務を経て、2004年グランドデザイン&カンパニー株式会社を創業、代表取締役社長に就任。数々のITベンチャービジネスや、デジタルマーケティングディレクターとして大手企業や行政、アーティスト等の先端的デジタルマーケティング事例を数多くつくり続けている。

ビジネスだけではなく、デジタルと人間や社会の関係の考察と言論活動を行っており、著書、寄稿、講演、メディア出演多数。主な著書に、「デジタルは人間を奪うのか」(講談社現代新書)、日本で初めての概念をテーマとした「ソーシャルメディアマーケティング」(共著・ソフトバンククリエイティブ)、「ソーシャルメディア維新」(共著・毎日コミュニケーションズ)、「Facebookマーケティング」(共著・ソフトバンククリエイティブ)、「ソーシャルブランディング」(共著・インプレスジャパン) など。

マーケティング道場

現在のマーケティングの課題、デジタルマーケティングの最新手法、マーケティング投資の考え方とは? 確実に顧客に届き、アクションを促す新しいマーケティングのあり方を探る。

>>最新記事一覧へ