ANAの働き方改革、業務支援ツールをアジャイルに改善

アジャイル化と内製化が進むソフト開発

鶴岡 弘之/2019.10.21

いいね ツイートする

「今後、ANAのすべてのシステム開発をアジャイル化、内製化していこうというわけではありません。旅客系 整備系 運航系などの重厚長大なシステムは、ANAシステムズというグループ会社が引き続きウォーターフォールで開発します。そういった基幹系ではないシステムの開発、あるいは基幹系が蓄えているデータを活用するちょっとした機能の開発は、GASなどを使ってアジャイルに開発していきたいと考えています」(永留氏)

 “重厚長大”なシステムについては従来通り、仕様を固めてから開発に着手するという。ANA全体でウォーターフォールとアジャイルを適材適所で使い分けていくということだ。

永留氏(左)とコンサルタントを担当する室木梨沙氏(中央)、熊谷成隆氏(右)

技術のオープン化も内製化が進む一因に

 ソフト開発のアジャイル化と内製化の流れは、「Webサービスが自社のビジネスのコア資産」と考えている企業から始まり、徐々に一般企業の間に広がりつつある。

 アジャイルスタジオ福井の責任者である永和システムマネジメント ITサービス事業部ディレクターの岡島幸男氏は「技術がオープン化していることも、ソフトの内製化を後押ししている」と見る。IT業界では、ITエンジニアがSIベンダーやソフト開発会社から事業会社にどんどん転職する現象が起きている。Webサービス全盛の時代になって、SIベンダーの中で使っていたクラウド技術が事業会社でもそのまま使えるため、エンジニアの流動性が高まっているのだ。

 そうしたITエンジニアを取り巻く環境の変化も一因となって、今後、事業会社のソフトの内製化はますます進みそうである。